3年後に家を建てる


こんにちは。

桜が早々と散ってしまいましたが、ハナミズキが咲き始めました。

どの木も同じ時期に咲き始めているのは、植物ってすごいなと感心している井野口です。

春になると生活環境が変わる人も多いのではないでしょか?

展示場にご来場頂くお客様は1月~3月くらいまでは、すぐに家を建てる計画の方が多かったのですが、

4月になり2年後にや3年後位に建てる予定されている方が増えてきました。

 

住宅を建てようと計画した時に、多くの方が『初めてなので何から始めたらよいのかわからない』とおっしゃいます。

住宅展示場に行くと、営業の人に電話や訪問など、しつこくされて困ったなんてお話も良く聞きます。

森の家で建てられたお客様にスケジュールについてお話をお聞きすると

①情報収集 ほとんどの方がインターネットで情報を収集しています。

 住宅会社によって、得意な事やこだわりに違いがあるのでネット情報を元に自分たちに合っているか検討してから、展示場や見学会などを訪問した方が効率的です。自分たちに合っているコンセプトの家を建てている会社を何社か比較いるうちに住みたい家の形がはっきりしてくることもあるそうです。

納得するまで確認して、じっくり検討しましょう。

s-P1020036

②相談   希望に合う住宅を建てている会社、信用できる担当者がいたら相談してみましょう。

     セミナーや相談会などで、土地探しや資金計画も相談すればプロとしてのアドバイスをもらえると思います。

     土地は庭の利用方法が変わるだけでなく、環境や方位によって日射取得量が変わり暖房エネルギーの使用量が変わります。パッシブハウスの建築には重要な要素になってきます。

資金計画も家の性能によって、金利や住宅取得時の親族からの援助に対する贈与税の優遇などがあります。

農地など調整区域内に予定されている方は、農地転用や開発など家を建てるまでの準備に時間がかかりますのでその期間も考慮しておきましょう。

建てたい時期が先であれば、①と②のところでゆっくり業者検討してみましょう。

森の家 くまがや館 暮らし方研究会 20180225②

③意思表示 建築会社の様子、建てている家の内容が確認できて納得がいったら『建てる意思表示』をしましょう。

      注文住宅の場合は、ここからプランニングが始まります。

      大和屋の場合は、5ヶ月くらいプランの打合せ期間を頂いており、工事期間を5ヶ月で予定しております。

2年後、3年後に家を建てようと思っている方は、時間に余裕がありますので十分検討出来ると思います。

大和屋では2年後3年後にそれ以上先に建てるご予定の方のご来場も歓迎しております。

外観全景①_R

ご了解の無い電話や訪問なども一切行っておりませんので安心してご見学ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

完成見学会開催中♪


こんにちは。

今週は上尾市の『くりの木』さんでつけ麺をいただきました井野口です。

きしめんのような麺と濃厚な魚介の出汁を堪能させて頂きました。

麺とスープの組み合わせが一味違うテイストで新鮮でした。

さて、今日と明日は深谷市で現場をお借りしまして、『完成見学会』を開催しております。

今回の森の家は、一味違うテイストでこれまで何軒か見学会に参加されているお客様には新鮮に感じていただけたようでした。

IMG_1002_R

レッドシダーの天井

IMG_0981_R

スチールの階段手摺

IMG_1005_R

2階の各部屋に設けたロフト

IMG_1007_R

レトロな感じのスイッチ

IMG_0984_R

グリーンの室内ドア

シンプルな設えの中に決められたお施主様のセンスが光っています。

 

断熱性能は、パッシブハウス一歩手前のニアパッシブハウス。

暖房負荷は24kwh/㎡・yの高性能はいつも通りの森の家になっています。

他にも木製玄関引き戸、木のフェンスなどご参考になる所が満載の現場となっております。

明日も開催しております。

予約制とさせていただいておりますが、午後1時から3時までは若干余裕がございます。

こちらからご来場ください [見学会のご案内]

スタッフ一同、笑顔でお待ちしております。

 

 

 

 

第7回熊谷チャリティーウォーク


こんにちは。

今日は、第7回熊谷チャリティーウォークが開催されました。

例年天気が気になる日が多いのですが、今年は晴天に恵まれ、ウォーキング日和となりました。

P3250269_R

熊谷チャリティーウォークとは??

『東日本大震災復興支援を目的に、地域の皆様に地元を歩くことでもっと熊谷の良さを知っていただきたいという想いから、 大和屋の創業188 周年を機にチャリティーイベントとして2012年から始まりました。多くの参加者から好評を頂き、また寄付先の被災地の方々からも感謝をいただいております。今後も地域貢献・被災地支援としてできる限り続けていくことができればと考えております。』(くまがや館・熊谷チャリティーウォーク実行委員会)

P3250056_R(熊谷高校応援団さん)

スタートとゴールの会場となるコミュニティー広場では大会を盛り上げてくれる催しが行われていて、

歩かなくても楽しい時間を過ごせます。

P3250219_R(南子連with綺楽々翔華さん)

熊谷グルメの出店もあり、ピザとどら焼きを頂きました。美味しかったです。

P3250197_R

今年のコースは、コミュニテ―広場を出発して、ひろせ野鳥の森駅の辺りから荒川の土手に上がり、荒川公園の辺りで土手を降りてコミュニティー広場に戻る全長9kmのコースでした。

荒川沿いの土手では、菜の花と桜の花が参加者を出迎えてくれていました。

桜の花が見られたのは、チャリティーウォークでは初めてかもしれません。

P3250195_R

毎年参加してくれている方もたくさんいます。

P3250118_R

今年は483名の方の参加となり、全員無事ゴールされています。

P3250090_R

たくさんの参加者と大会を盛り上げてくれる踊りや演奏のイベント方々、参加者のお腹を満たしてくれるお店の方々、そして裏方で支えてくれているスタッフの皆さん お疲れ様でした。

また来年、お会いしましょう。

今日は音響を担当した井野口でした。

 

いつまでも、安心して、快適すごせる、エネルギーの消費の少ない家


平昌オリンピックに続き、パラリンピックも熱い戦いですね。

選手の頑張りに感動を頂いている井野口です。

 

2020年には東京で開催されるオリンピック・パラリンピック。

今回は天候の影響が出てしまった競技がありましたが、東京も暑さがちょっと心配です。

 

2020年には住宅業界でも節目の年になります。

これまで努力目標だった省エネに関する基準が義務化されるためです。

義務化された後は、基準を満たす家と満たさない家に分けられことになります。

生活の上で、光熱費の多い少ないにという目に見える費用の他に、

家の資産価値も違いが出てきそうです。

 

では、具体的にはどのような基準になっているのでしょうか?

一次エネルギー消費量を基準値以下にする

外皮平均熱貫流率UA値を基準値を基準値以下にする

冷房期の平均日射取得熱取得率(ηA値・イータエー値)を基準値以下にする

 

日本全国を8つの地域に区分けしています。熊谷市は5と6に属します。

UA値で0.87(w/㎡・K)以下となります。

 

02_img06_R(国土交通省HPより)

 以上が基準となっています。

 

 外皮平均熱貫流率UA値について・・今まで熱損失係数のQ値が一般的に使われていました。

Q値は家の中からの熱の損失を床面積で除していたものですが、UA値は熱の損失を外皮総面積で除することなります。

 

おおまかにいうと、森の家の場合はQ値が1.6の場合はUA値は0.5位になります。(単位w/㎡・K)

熊谷市の属する5地域の基準の0.87(w/㎡・K)は・・・

パッシブハウスの0.3以下、ニアパッシブハウスの0.5以下になっている現実を考えると、それほど高いとは言えない基準です。

みんなの声_最終_R(みんなの声抜粋)

 

そして、1次エネルギー消費量の計算においては、太陽光発電による自家消費相当分を差し引くことが出来る事になっていますので、断熱や窓の性能はそこそこにして太陽光発電を載せるとクリアすることもできてしまいます。

家を建てる人にとっては、わかりにくくなっています。

 

しかし、省エネに関する基準が義務化されることに大きな意味があります。

省エネ性能の基準をクリアすることは、冬暖かく、夏涼しい、暮らしやすい家に近づきます。

 

大和屋では、お客様ご要望により、制振装置や太陽熱温水器、太陽光発電の設置も行っております。

いつまでも、安心して、快適すごせる、エネルギーの消費の少ない家になるご提案をさせて頂きます。

 

PS:先日、田村と西村と一緒にさいたま市西区の「麺屋 扇SEN」さんで濃厚塩ラーメンを頂きました。

つくる人の温かさが伝わってくるようなラーメンで幸せな気持ちになりました。

また一緒に行きたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.11


こんにちは。

東日本大震災から7年が経ちました。

被害に合われた方のご冥福をお祈りいたします。

IMG_0469.jpg

この写真は、震災の1年後に岩手県の宮古市を訪れた時のものです。

たろう観光ホテルといって、1階から4階まで津波の被害が大きかった建物です。

 

震災による津波被害により壊滅的な被害を受けた宮古市田老地区に建っています。

高さ17メートルを越えるとも言われる津波により4階まで浸水、

2階までは柱を残して完全に流失するなど大きな被害を受けながらも現存しています。

被災地では損壊を受けた建物の取り壊しが進んでいますが、残っているこのホテルは貴重な建物となっていて

震災から3年が経った平成26年3月に宮古市が取得し震災遺構として保存されています。

宮古観光文化交流協会が行っている「学ぶ防災ガイド」に参加することで、館内が見学できるようになっており。

館内では、震災当日に同ホテルで撮影された津波の映像も視聴することができるそうです。

2年前の平成28年5月に、参加者が累計10万人に達成したとの事で震災の教訓を多くの方に伝え続けています。

(いわて三陸観光復興プラットフォームより)

R0018170.JPG

1年後に訪れた時に、案内してくださった方がおっしゃっていたのは

「1年しかたってないのに、此処に何があったか思いだせない」

この日が来ると思い出します。

 

あれから7年が経ちました。

その間にも大きな地震がありました。

今月は構造に関しての見学会なども予定し、完成するとみる事の出来ない部分をご要望のある方にご確認頂きたいと考えています。イベント情報からご確認ください。

家を建てる仕事に携わる者として、安心して暮らせる家造りが第一と考えております。

 

 

Passive House Japan 8th Anniversary


こんにちは。

久々に「とん茂」さんでラーメンを頂いてきた井野口です。

セットのカツ丼は、飽きのこない味でボリュームも満足です。

 

さて、今週はパッシブハウスジャパンの8周年記念の総会に出席してきました。

DSCN6803_R

(森代表理事)

回を追うごととに、会員も増え、会場が手狭に感じられるとともに

熱気がすごかったです。

 

私達は性能の高い家を造っていると思っているのですが、ここに来ると普通に感じてしまいます。

お客様にパッシブハウスのような性能の高い家の良い所を知って頂くために、どのようにお伝えしたら良いか?

パッシブハウスにするメリット、高性能な家に住む暮らし方など勉強させていただきました。

森の家からも発表させていただきました。

DSCN6874_R

DSCN6875_R

森の家も毎年UPデートを重ね、標準の基本性能が上げております。

断熱や気密といった基本的なところから、設備やデザインについて今後は進化させていきたい所です。

IMG_0865

今月は新しい森の家の見学会を予定しております。こちらからご確認ください

たくさんの方のご来場をお待ちしております。

 

 

 

 

住宅ローン控除


こんにちは。

先日、深谷市の現場に行ったときに、前から気になっていた下手計にある、佐野ラーメンのお店「畔鐘くろがね」さんに西村と行ってきました。

熊谷から気軽に行ける場所で食べられる佐野ラーメン・・です。

 

さて、昨年に住宅ローンを使用して住宅を建てられた方は「住宅ローン控除」を受ける事ができます。

住宅ローン控除を受ける為には、確定申告を行います。

確定申告の受け付けは2月16日から3月15日までとなっています。

必要書類は

① 確定申告書 ・・最寄りの税務署で手に入ります。

② 源泉徴収票 ・・お勤め先

③ 住宅ローン借入金残高証明書・・金融機関

④ 土地・建物の登記簿謄本・・法務局

⑤ 建築請負契約書・・ご契約時にお渡しさせて頂いた書類

⑥ マイナンバーの本人確認書類

以上になります。

初めて行う方がほとんどだと思いますが、申告書の書き方がわからない場合は税務署で教えてくれます。

一度、確定申告をしておくと、2年目からはお勤め先の年末調整で済むので大変なのは最初の1年です。

 

収納とあったかい家の暮らし方セミナー を開催いたします。まだまだご予約を承っておりますのでご参加お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

imagine passivehouse life


こんにちは。

春を訪れを感じさせる季節になってきました。植物達も芽を出す準備をしているかのようです。

庭の芝生も3月になると目土やエアレーションが必要になりますので、準備をしておこうと思います。

 

今年は、住まいを建てようとお考えの方は今の時期、展示場や見学会に来られる方が多いようです。

住まいを建てるとき、そこでどんな暮らしをしているかイメージすることが大切です。

イメージを実現するためにどうしたら住みやすくなるかを考えると、家の形もはっきりしてきます。

たとえば、冬に家の中がどこにいても暖かかく

あまり暖房エネルギーを使わないパッシブハウスだったらどんな暮らしになるでしょう?

森の家 パッシブハウス サーモグラフィー 20170206 屋根天井

どこにいても暖かい家なら壁の仕切りを少なくして、吹抜けを設けて開放的な住まいになります。

暖かい家なので、毛布や厚手の布団が必要なくなり、こたつや今まで使っていた暖房器具も出番が無くなります。

するとそれをしまっておく収納は小スペースで済みます。

暖房エネルギーをあまり使わないECOな家なら、省エネを気にしながら過ごすことも無くなります。

寒さへの恐怖が無いので家の中で活動的に過ごすことが出来そうです。

森の家 パッシブハウス フラダンス 20170206

吹抜けや開放的な空間は、家を広く感じさせてくれる効果があります。

子供部屋などで4帖~4帖半というと人によっては狭くてダメと思われるでしょう。

しかし天井が3m、4mと高いと感覚的に広く感じる事ができます。

子供部屋で節約した面積をフリースペースなどに使うと

新しいライフスタイルもイメージできますね。

 

展示場などに長い時間滞在して頂くことで、家のあたたかさの感覚がご理解いただけます。

 

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%83%83%e3%82%af%e3%80%80%e6%a2%81%e3%80%8020161107

 

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%80%80%e6%a2%81%e3%80%8020161107

 

 

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%8020161107

 

また、活動的な生活を送ることは、健康にも良い影響があるそうです。ご興味のある方はこちらをご覧ください。

熊谷市 土地 分譲


こんにちは。先日、川島町の「よつ葉」さんの中華そばを食べる事ができました井野口です。

今まで何回か行きましたが、いつも混んでいてあきらめていました。今回やっと目標が一つ叶いました。

 

今月は、18日にヴィラコート(熊谷市久下)の宅地分譲の現地説明会を開催予定です。

180203172312

土地の価格は850万円~1080万円、広さは47.75坪~62.8坪

今回は延床25坪の建物を建てて総額3000万円のプランと

延床30坪の建物を建てて総額3300万円のプランもご用意しております。

熊谷駅から徒歩20分、周辺には自然もたくさん残っていて、四季の移り変わりを愉しめます。

 

休日には、荒川沿いを散歩したり、夏には花火を見る事ができたり、楽しみもたくさんあります。

熊谷で土地をお探しの方は、現地説明会にお越しください。

お車でのご来場もOKです。

2月18日(日)10:00~15:00

熊谷市久下1777

詳しくはこちらから

 

 

 

 

寒い時期のパッシブハウス


こんにちは。

寒い一週間でした。雪かきで足腰が痛いという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

何度位まで外気温度が下がっていたのか気になったのでデータを出してみました。

2018.01.28

最低気温は-4.8℃ 風も強い日が多かったので体感温度は低く感じました。

 

一方、パッシブハウスの家の中の温度は、やはり外気温に影響されていつもよりも

温かくなりにくいことに加え、夜間に実験中の太陽熱温水を利用した暖房システムの設定ミスで

無暖房で過ごしてしまった日が何日かありました。

chart20180128014049

1月25日と26日と27日の午前までは無暖房です。

最低室内温度は14.8℃。パッシブハウスといえどもこの時期の無暖房は厳しいですね。

 

27日の午後から暖房を行い、夜にはお客様に「宿泊体験」をいただきました。

R1046595_R

〝家の中、全体が暖かい 外は-1℃だったのに、中は裸足でも大丈夫。(今の)自宅に帰りたくなくなります。″

とアンケートをいただきました。

森の家展示場では「宿泊体験」を受け付けております。

まだまだ、寒い時期が続きそうです。

展示場にご来場いただいた折に、お申込みください。