給湯器


こんにちは

現場監督の中島です。

今日は、と言いますか、先日自宅の給湯器が故障しました。

私が留守にしていたので、妻も大慌てでした。

今回は、簡単に給湯器を選ぶとき何を基準に選ぶのかを書きたいと思います。

まずは、家族の人数やライフスタイルに合わせた能力の給湯器を選ぶということです。

給湯器の能力とは、例えばガスの場合は「号数」、灯油の場合は「連続給湯能力」で表し、

数が大きければ、それだけ給湯能力が高く、沢山の場所で使ってもお湯が不足しづらいと言うことになります。

4人家族で、風呂(シャワー)・台所・洗面所で使用する場合、20号か24号くらいの給湯器が良いですが、2人だと16号か20号くらいが良いですね。

話は戻りますが、もし給湯器が故障した場合、まず何をすればよいかと言うと。

リモコンに表記される「エラーコード」を覚え、現状を把握し、リモコンに表記されるメンテナンスサービス、または私に連絡いただければと思います。

メーカーもその場の対応など詳しく説明してくれるはずです。

普段何気なく使用しているため、使用不可能になったとき本当に大事さが分りました。

今回の故障で、給湯器は交換となりましたが、約11年間お疲れ様でした^^

デコパージュ


こんにちは、中山です。

2/5(日)は、展示場にて

『デコパージュを作ってみよう』

を開催いたします。

当日はオリジナルの石けんを作ろうと思いますが、

その他にも何か用意して、皆様に楽しんでいただこうと思い、

展示場スタッフと試作してみました。

R0017517.JPG

素材の違う材料を揃えて、いざ試作。

器用でセンスの良いスタッフは、

あっという間に素敵な作品を完成させました。

R0017524.JPG

真っ白で飾り気のないただの小物入れが・・・

R0017529.JPG

かわいい雑貨の入れ物に変身!

観葉植物なんか入れてお部屋に飾るとかわいいかも♪

R0017530.JPG

マグネットだって自分だけのオリジナルマグネットに変身!

R0017535.JPG

デコパージュは、同じ材料、同じ絵柄の紙ナプキンでも

人それぞれオリジナルな作品が出来上がります。

当日、皆様の作品が楽しみです。

笑顔になろう@


こんにちは。

定期点検に伺って、大笑いをさせて頂いた 田村です^^

「森の家オーナー様(3歳)」のご夫婦がユニークで楽しくて、

パワーをいただきました^^

定期点検は・・・

屋外部分、屋内部分、床下部分、設備関係の点検を行います。

中島氏が床下部分へ・・・。

床下部分は、基礎、構造材、給排水管、害虫、換気設備etc. をチェック!

森の家 笑顔になろう①.jpg

床下ほか、特に異状はありませんでした。

屋外木部の塗装時期についてのご説明と

サッシ鍵のゆるみ調整、玄関ドア枠のゴムパッキン調整を行いました。

今後とも、よろしくお願い致します。 いつも、ありがとうございます^^

復興支援・住宅エコポイントの交換商品案内チラシが、会社に届きました。

「住宅エコポイントを使って・・・

 おいしいものを食べてみんなで笑顔になろう!!」

というキャッチコピーです。

森の家 笑顔になろう②.jpg 

対象となる工事の期間は、エコ住宅の新築も、エコリフォームも、

平成24年10月31日までに建築着工(工事着手)したものとなります。

エコ住宅とは、

省エネ基準を満たす木造住宅や太陽熱利用システムの設置etc.が対象です。

森の家 笑顔になろう③.jpg

新築に関するポイントは、1戸あたり150,000ポイント(被災地以外)。

今回の交換対象は、1/2(半分)以上を、復興支援商品に交換。

1/2(半分)までは、即時交換 (追加的に実施する工事)

およびエコ商品と交換ができます。

引き換え有効期限は、平成27年1月31日までとなっております。

ご案内チラシが必要な方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください^^

ちなみに・・・

リフォーム工事のお打合せに伺った先で、

「森林ラーメン」を頂きました。その名に、びっくり。。

ありがとうございます!  森林浴効果?で癒されそうです^^

森の家 笑顔になろう④.jpg

「えがお満天」。

人と人とのつながりから、元気が湧いてきます^^

森の家 笑顔になろう⑤.jpg

白菜料理@


おはようございます。

「食育」について、気になっている 田村です^^

味覚の形成や栄養の面だけでなく、

残さず食べることや料理をする楽しさ、家庭菜園をするetc.

いろいろと考えさせられますが、やっぱり愛情が込められた

手料理をみんなで楽しく食べるのが一番ではないでしょうか。

特に、ひとりで寂しく食べる「弧食」は・・・

心の育ちやコミュニケーションに大きく影響しそうです。

昨日は19:00- 料理教室に参加しました^^

MENUは・・・

里芋の衣かつぎ(きぬかつぎ)、鳥の軟骨揚げ、白菜サラダ、白キムチ、

そして白菜鍋スープのゴマ風味♪

森の家 冬料理①.jpg

白菜は、冬を代表する野菜。

レシピがいっぱいあって、おいしかったです^^

みんなで食卓を囲んで食べる。一番の楽しみです!

リビング・ダイニングには、素敵なものがたくさん飾られています。

先生が作られた 布のお雛さま。

コンパクトでハインドメイド感が素敵な手芸。  きれいです^^

森の家 手作り①.jpg

いんげんストラップ。 アイデアが、すばらしい!

簡単に作れるとおっしゃっていましたが・・・。 う~ん…すごい^^

森の家 手作り②.jpg 

家の中心には、「リビング・ダイニング」。

中でも、食卓を囲む 食事をするスペースは、

「家族の時間」を大切にする上で、最も重要な場所ではないでしょうか。

森の家 ダイニング①.jpg

家族団欒や気配が感じられる空間というのは、安心感が得られます。

家族の絆をしっかりと結び、心地よく暮らせる家造りこそが・・・

「森の家スタイル」なのです ^_^))¥

アレンジ@


こんにちは。

北風が冷凍庫並みに冷たいなぁと感じた 田村です^^

「森の家」の現場にお邪魔しましたが、職人さん達には脱帽です。

寒い中、お疲れさまです!

今日は、午後から「森の家オーナーさま(8歳)」宅へ。

メンテナンスに伺いました。

1Fレッドパインフローリングの床鳴り補修

&木製建具の調整を行ないました。

バッチリ!メンテナンスが完了しました。

存在感のあるリビング階段が本当に「素敵なお家」。

森の家 アレンジ①.jpg

雑貨のお好きな奥さま。

ホーローの材質が特にお好きだという話しをお聞きしました。

「あんな感じにできたらいいなぁ~。」という感じのインテリアです^^

毎年8月下旬に開催している「森の家 木工作フェスタ」を

楽しみにされています。

年を重ねるごとに、新しい木工作品が飾られていきます^^

特にお気に入りの「ままごと机」。 名作ですね!

森の家 アレンジ②.jpg

後付けされた「電気式蓄熱暖房器」。

14:00ころ 室温:21℃ 湿度:39%でした。

ほんわ~り あったかっ^^

先月の光熱費は、¥16,000- くらいだったそうです。

森の家 アレンジ③.jpg

ご自身で、完成へと素敵に「アレンジ」を加えていらっしゃいます。

竣工したら・・・家造りが終わるのではなく、

日々の暮らしの中で、自分色へと染めていく。

その楽しみこそが「森の家スタイル」なのです ^_^))¥

誕生日


こんにちは、中山です。

昨日は娘の誕生日でした。

DSC_01091.jpg 

家を建てるにあたって

『娘の誕生日は新しい家でお祝いしてあげたい!』

という思いもありましたので、念願かなってよかったです。

本人は全く関心なさそうですけどね(^^;

『いつまでに家を建てたい!』という思いは

家づくりをつくるきっかけの一つになります。

家族の誕生日までに、結婚記念日までに、今年は新しい家で年越ししたい・・・

それぞれだと思います。

最終目標が決まると、

いつまでに〇〇を決めて、〇〇はいつ頃までに・・・

など自然と家づくりの流れが出来てきます。

家づくりを始めたいものの、なかなか一歩が踏み出せなかった我が家も

この日を目標としたことにより重い腰があがりました。

これから家づくりをお考えの方は、

ご家族で『〇〇までに家が欲しいね』という話をしてみてはいかがですか?

話をするだけで、夢が広がり楽しくなりますよ♪

ガレージ工事③


こんにちは

現場監督の中島です。

先日に引続きガレージ工事です。

大工さんの工事(木工事)が完了し、いよいよ塗装工事(仕上工事)です。

壱.JPG

まずは屋根の横桟から塗っていきます。

横桟は通常の建築会社ではあまり塗らないかと思われます。

なぜなら、下から見えないから? 屋根材が乗ってしまえば塗っても塗らなくても一緒だから?

理由はどうあれ、見えない部分でも塗ってあれば耐久性も違います。

見えない部分にも手を抜かない。基本的なことですね^^

弐.JPG

次は垂木を塗っていきます。

参.JPG

梁と柱、土台などの構造材を塗りました。

塗る前とまったく違った感じになりました。

四.JPG

最後に物置部分と目隠し壁になる板を塗っていきます。

今日はここまでです。

見える部分の1回目(下塗り)が完了し、明日から仕上げ塗りとなります。

ムラを直しながらの塗装です。

塗装が終わると屋根(板金)工事となります。

今から完成が楽しみです^^

リユース@


こんにちは。

「調整池」という存在について、深く知らなかった 田村です。

池は・・・

農業用水に使用すると共に、洪水より周辺の農地を守るため、

調整池として整備されています。

写真は、面積4ha (縦400m、横100m、深さ7m) あります。

排水の良くない低湿地帯は、こうして安全が保たれているのですね。

大きさに、圧巻です!

森の家 リユース①.jpg

先日、リサイクルショップへ妻と行ってきました^^

「コーラー瓶」&「着なくなった洋服」を

それぞれのお店へ出しに行ってきました。

「家の断捨離」&「ゴミを減らそう!」ということで、

まだ使えるモノは、別の形で再利用してもらいたいなぁと感じました。

必ずしも、ゴミ=要らないモノではないと思います。

自分には要らないモノであっても、

他の人が欲しいモノもあるかもしれません。。。

捨ててしまう前に、資源の有効活用も考えていきたいですね。

ゴミを減らそう!ということで、5つのRが提唱されています。

①Reduce(リデュース)

 ・ゴミを減らす。詰め替え商品etc.

②Reuse(リユース)

 ・何度も使う。リサイクルショップ、フリーマーケット、ビール瓶etc.

③Recycle(リサイクル)

 ・再生して使う。古新聞、ペットボトルetc.

④Refuse(リフューズ)

 ・必要のないモノを断る。スーパーのビニール袋、割り箸、調味料etc.

⑤Repair(リペア)

 ・壊れたモノを修理して使う。

モノに縛られない「上質な暮らし」を考えるとともに、

資源の無駄使いを止めよう!ということを、

私たちも、もう一度振りかえる必要がありそうです。

「森の家」では、リユースということで、

建替え前の母屋にあった古材を再利用した施工例も、いくつかあります。

100年以上建っていた母屋に使われていた梁材。

新築の手すりやアクセントに再利用。

森の家 リユース②.jpg 

70年建っていた母屋の土間にあった梁材。

新築にも土間を作り、化粧梁として再利用。

森の家 リユース③.jpg 

母屋の和室にあった思い出深い欄間。

玄関ホールの建具にアクセントとして再利用。

玄関から見え、訪れる人を和ませてくれます^^

森の家 リユース④.jpg 

モノを大切にする心。

そして、ちょっとした意識と工夫で、地球環境にやさしい生活が

できるのだと思います^^

できることから・・・ 始めていきたいですね^^

森の家 リユース⑤.jpg

新居生活スタート


こんにちは、中山です。

昨日より新居生活をスタートしました!!

部屋中段ボールだらけで、現状を写真でお見せできないのが残念です・・・(^^;

新しいお風呂に、新しいキッチン。

寝室を畳にしたので、イグサの匂いに包まれながら

高い木の天井を見上げて眠りにつきました。

 これから始まる森の家の生活。

主婦目線で感じたことを皆様にお伝えしていきたいと思います!

R0017419.JPGのサムネール画像

 

私も晴れて…


こんにちは。

現場監督の小山内です。

雪が降りましたね!

熊谷はそんなに多くは降りませんでしたが…

雪国育ちの私としましては

冬は雪が降るものだと思っていますが、

関東ではなかなか雪を見れないので、

ちょっと気持ちが高ぶりました!

話は変わりまして、

先日山形で研修を受けた後に行った試験の結果が発表されました。

結果は…

無事合格しました!

私はこれで晴れて『省エネ建築診断士』としてお客様のお役に立つ事ができます。

ちなみに省エネ建築診断士とは、

住宅の省エネ性能を判断する人の事で、

住宅の断熱性能や熱の損失を計算する等といった事を行います。

これからは住宅も省エネが求められてくる時代になると思いますので、

お客様により良いご提案ができるよう

この資格を活かしていきたいと思います!