ジャパンホームショー2011@


こんにちは。

「Suica」は便利だなぁと感じた 田村です。

タッチ&ゴー!JR構内に入ると便利ですね^^

今日は、「ジャパンホームショー2011」へ行ってきました。

有明にある東京ビッグサイト(東京国際展示場)の東ホールが会場。

展示規模は、住宅建材etc. 約500社が出展しています。

日本最大規模の住宅・建築関連専門の展示会です。

森の家 ジャパンホームショー2011①.jpg

案内看板^^ 3日間の開催で、今日は最終日です。

森の家 ジャパンホームショー2011②.jpg

入場者数は、約15,000人/日。

会場内はだいぶ広いです。

ほぼ毎年行っていますが、回っていると決まって

足がクタクタになります^^

森の家 ジャパンホームショー2011③.jpg

「レッドパインの大和屋」さん発見!

建材部は毎年、出展しています。

会場のほぼ中心で、奮闘しておりました^^

森の家 ジャパンホームショー2011④.jpg

レッドパイン&ホワイトスプルス 3層パネル。

木製建具(ドア)に使用提案^^ 

「寸法安定性に優れていて、反りずらい素材。」

   (スタッフに教えてもらいました。。。)

森の家 ジャパンホームショー2011⑤.jpg

雑貨ちゃん。ショーケースに並べられてかわいいですね^^

「森の家」でも使用していますが「ドアのつまみ達」です。

森の家 ジャパンホームショー2011⑥.jpg

展示会に行くことによって、動向etc.の情報も掴む事ができます。

素材はさまざまですが、やっぱり「草・木・紙・土・石」etc.

自然素材がいいなぁと感じました^_^))¥

明日は、いよいよ 「完成見学会」です。

ご来場お待ちしております^^ 期待度大でお越しください!

立体的なカタチ


こんにちは、中山です。

先日中山邸の建て方が行われました。

数日前までは基礎しかない状態だったのに・・・

DSCF8056.JPG

一日で家のカタチが現れました。

まだ骨組みだけですが、今まで図面上でしか見ていなかった我が家に

スケール感が出てきて出来上がりがさらに楽しみになってきました。

R0015557.JPG

やっぱり、平面的より立体的なモノの方が感覚をつかみやすいです。

マイホーム計画中には、図面だけでなく模型などを使って

感覚をつかむのも納得のいく我が家を手に入れるひとつの方法かもしれませんね。

DSCF8077.JPGのサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【森の家 「然」 模型】

広縁@


おはようございます。

日本史の「大和時代」が、西暦300年~600年頃を

指すというのを最近知った 田村です。

「古墳時代」とほぼイコールの様です。

水曜定休を利用して、小さな温泉に行って来ました^^

「深谷花園温泉」。近くて便利です。

大浴場は、ケヤキ・ヒノキ・マツが使用されていて

高さが10Mくらいあり、柱と梁で組みあがっていました。

マツの梁は丸太のままで見ごたえがあります。

浴槽の床は、十和田石が使用されているそうです。

自然素材は、やさしく心を癒してくれますね^^

森の家 温泉.jpg

休憩所には、「広縁(ひろえん)」があります。

縁側(えんがわ)よりも奥行きが広いものを、

一般的に広縁と呼びます。

「内でもなければ外でもない。」

曖昧な空間・・・今風で言うと”グレーゾーン”といった

開放感のある空間は、自然との触れ合いetc.を考えた

暮らしの「知恵」ですね。

夜はライトアップされて、これまた綺麗です^^

「庭園」は和みます。。。

室内表札


こんにちは

現場監督の中島です。

今日も10/1(土)/2(日)に完成見学会を開催させていただく現場です。

今日は、お施主様のワンちゃんの部屋を完成させました。

P1040161.JPG扉を設置し、表札をつけました。

扉も表札も全て手作りです。

P1040163.JPG

3パターン彫ってみました。

ちなみに、このワンちゃんのお部屋ですが、個人的に力を入れてしまいました。

なぜなら、犬が好きなので・・・

DSCF1927.jpg

トイレで撮ったものしかありませんが、私が飼っている犬です。

カニンヘンダックスです。6歳です。かわいい^^

またまたちなみにですが、川島なおみさんのワンちゃんの孫にあたります。

なにわともあれ、表札を付け、ワンちゃんのお部屋完成です。

ぜひ、お時間の都合がつく方は、見学会におこし下さい。

お待ちしています。

見納め


こんにちは

現場監督の中島です。

本日は、今週末の10/1(土)/2(日)に完成見学会を行わせていただく現場で、最終工事を行いました。

P1040147.JPG

庭に、芝の種を蒔いています。

因みに、今回は洋芝を蒔きました。

洋芝は、日本芝と違い根を下に伸ばします。

管理は難しいですが、一年を通して、緑の芝を楽しむことができます。

見学会までに芽が出るのか不安も在りますが、今から楽しみです。

P1040142.JPG右の写真は、木工事(床フローリングの施工)の現場です。

丁度、大黒柱部分の床フローリング風景です。

見えない部分の施工をきちんと行うことは勿論ですが、良く見える部分の施工に関しては、人一倍気を配った作業になります。

大工さんの腕の見せ所でもあります。

P1040145.JPG現場作業の中で、見納めとなる部分が多くあります。

例えば、壁の中の断熱材や電気配線、配管などです。

写真の外観はこれで終わりではありません。

本日で見納めとなってしまいますが、明日より外壁の仕上げの作業となります。

今見える黄色い外壁から一転してまったく違う色へと変化していきます。

コノ色のイメージが強いのでどのように変わるのかお客様も今から楽しみでしょう。

きっと素敵な森の家へと変化すると思います。

たかが3~4ヶ月ほどの工事期間の中ですが、今しか見れない場所や風景というのは沢山あります。

実際、この段階での管理が一番重要だと私は感じます。

外壁が仕上がりましたら、また更新させていただきます。

お楽しみに。

心地よい空間@


こんにちは。

人間は両手に荷物を持っていると・・・

新たな荷物は持てないなぁと感じた 田村です。

時には、持っているモノを手放す勇気も必要ですね^^

「心地よい空間」って、写真や文章で見るよりも

実際に見て体感した方が、スケール感があって断然いいですよね。

文章だけでイメージしてみてください ・・・

「暖炉がお部屋の核となって置いてある素敵なおうち。

 ソファは暖炉の脇に置いてありますが、

 家ができた当初は、お部屋の今ピアノがあるところに置いてありました。」

この様な、素敵なおうちがあったとします。

ソファの位置を変えてみて、自分なりの「心地よい空間」を演出しています。

家具配置というのは生活や季節によって変わっていいものだと思います。

置き方は、プランニングの段階から考えておきますが、

決して固定したものではなく、可変できるものがよいですね。 

題名(仮)「森の中にある小さな家の物語」。 めでたし。めでたし。

「心地よい空間」 実際に見て・聞いて・触れて感じてみてください。

文章だけでは伝えきれない 五感があります。

ぜひ、 「完成見学会」にて 体感してください!

午前中は、10月/中旬に 完成見学会の予感がする

羽生市の現場へ行ってきました。

仕上げ工事中です!

実際に見て・・・体感^^ 体感^^

2F吹抜け+ムク構造材+???  お楽しみに^^

森の家 現場110927①.jpg

玄関土間+造り付け大収納+間接照明^^

森の家 現場110927②.jpg

広々ウッドデッキ+質感+存在感 =楽しい予感。

森の家 現場110927③.jpg

現場近くの田んぼには・・・

ダイサギという種類の白鷺(シラサギ)ちゃんが居ました。 

何をしているんだろう??  めでたし。めでたし^_^))¥ 森の家 シラサギ.jpg

祝 棟上げ、上棟@


こんにちは。

秋の訪れを待ちわびておりました 田村です^^

涼しくなりましたが 寒暖の差が大きい季節ですので、

お体には十分お気をつけください。

「ヴィラ・コートゆうきゅう」の脇に流れております元荒川には、

カルガモちゃんが10羽くらい泳いでおります。

森の家 カルガモ.jpg

さて、今日は「森の家」建て方でした。

夕方、安全パトロールを実施・・・

作業者・現場状況・道具関係について

細かく点検しました。

是正箇所は、その場で注意・是正をおこないます。

無事に、建て方が完了しました!

どっしりとした切妻屋根(きりずまやね)。ステキな外観になりそう^^

森の家 建て方110926①.jpg

祝 棟上げ、上棟!

おめでとうございます ^_^))¥

森の家 建て方110926②.jpg

気密検査


こんにちは

ホームエンジニアの中島です。

本日は、2件の新築現場で「気密検査」を行いました。

【1件目】断熱工事後(施工中)の気密検査です。

P1040103.JPG

検査前の段取中です。

気密を測定する為の機械を設置する風景です。

相当隙間面;C値≒0.6以下でした。

施工中にしては、優秀な結果でした。

【2件目】完成後の検査風景です。

P1040121.JPGのサムネール画像

検査中です。

今回は、2回行いました。

 

 

 

 

 

 

 

気密検査を行う目的は、意図しない隙間がどの程度あるのかを測定する為に行います。

その為通常は、計画された換気口などは塞いで検査を行います。

今回、通常と違う目的で検査を行いました。

今回検査を行った目的とは?

お客様が住まわれて、生活していると仮定すると、どのくらいの気密があるのか?という目的です。

正確な数値は後日になってしまいますので、次回をお楽しみに^^

 

 

ヴィラコートの休日 


こんにちわ!  井野口です。

すっかり秋らしい気候となり、さわやかな日が続いております。

元荒川.JPG

この3連休はいかがでしたでしょうか?

熊谷駅からほど近いヴィラコートには多くの自然が残されています。

元荒川、水がとても澄んでいて、ムサシトミオをはじめ多くの生き物が住んでいます。

赤とんぼ.JPG

今年初めて見かけた”赤とんぼ” 秋を感じます。

元荒川から吹いてくる風は、涼しくとても心地の良い風でした。

 

 

 

 

カルガモやカワセミも生息しています。

 

 

 

 

自然に囲まれた環境で、スローライフ。いいですね。      ヴィラコート.JPGのサムネール画像  

森の家チムニー.JPG  

 

 

 

芝刈り2.JPG  

元荒川.JPG

家族のヘソ@


こんにちは。

その土地の風土を知るには、

その土地の人といっぱい触れ合うことが

やっぱり大切だなぁと感じている 田村です。

家造りのことを知るには、

家造りをした人&勉強している人といっぱい触れ合うことが

やっぱり一番の近道ではないかと思います。

「ココだけは特別」

「この場所だけは他と違う」

“家族のヘソ”となる 中心の居場所って重要ですよね^^

例えば・・・

リビングに大切なモノを飾る。

ミニギャラリーを作って、子供たちの作品やお父さんの趣味の写真etc.を飾る。

思い出を大切にし、その心が家族に引き継がれる「無形の財産」となります。

家族の気配や団欒が感じられる空間は大切です!

「センターリビング思想」は、歴史を刻む 家族のためにあります^^

家造りは・・・

何のための、誰のための、家造りか よく考える必要があります。

家族と共に歩む100年住宅こそが 「森の家スタイル」 なのです^^

10/01(土)・/02(日) 「完成見学会 会場」 には

「ライフスタイル」のヒントが、たくさんあります。

ぜひ、ぜひ、ご体感ください^^

ウッドデッキ + 西側オーニング。

森の家 見学会場①.jpg

インナーガレージ + 木製シャッター。

森の家 見学会場②.jpg

リビング + 薪ストーブ + 吹抜け + ムク。

森の家 見学会場③.jpg