健康診断。


こんにちは、設計の小林です。
暑さも一段落して、朝晩は寒いくらいになりました。

さて、今週末には、社員、職人さんなどの健康診断が行われます。
仕事をする上で、健康管理は非常に大切なことですので
しっかり調べて明日の仕事につなげたいと思います。

健康診断を行った後には「安全協力会」のミーティングが開かれます。

森の家を造っている業者さんや大和屋が集まり、
現場の安全対策や、周辺への配慮など
実際の施工現場や経験などを元に
効率よく、かつきれいに現場を運営できるよう
話し合います。

新築工事は工期が長いので、
工程によっては普段顔をあわせない業者さん同士も
良いコミュニケーションの場となってくれればと思います。

これからも協力業者さん達は一丸となって家造りに取り組みます。



これから美しく…


こんにちは。

 

現場監督の小山内です。

 

 

最近急に寒くなりましたのね。

 

2週間前は半袖でバイクに乗っていましたが、

先週から革ジャンを着なければ震えてしまうほど寒くなりました。

 

風邪には十分注意したいものです。

 

 

今日私が担当しています現場では、ハウスクリーニングを行いました。

 

ハウスクリーニングでは、木部や壁紙の汚れ、アルミサッシの清掃などを

行います。

 

 

DSCN2137.jpg

クリーニングを行う前までは、フローリングを傷付けないために養生板を

敷いているのですが、フローリングもクリーニングするため、

養生板を全て剥します。

 

 

DSCN2133.jpg

今まで養生板で隠れていたフローリングを久しぶりに目の当たりにする、

個人的にこの瞬間がとても好きです。

 

これからクリーニングによってより綺麗なフローリングになる事を考えると、

嬉しくて仕方がありません。

 

クリーニングをして頂く業者さんは、弊社のイベント『プロが教えるお手入れ教室』の

講師でお馴染みのT-リフレッシュさんです。

 

卓越した技術によってクリーニングされた家は、

ほのかに木の香りが漂う、ピカピカの家に仕上がります。

 

こちらのお宅は1023()24()2日間に完成見学会を開催します。

 

綺麗に仕上がった姿を、是非見に来て下さい。

 

 

 

 

 

DSCN2131.jpg

この写真はそのお宅の中で、個人的に好きな眺めを写したものです。

「新聞記事 解体」


こんにちはホームアドバイザーの川田です。

きょうは秋分の日で会社はお休みですが、営業の二人と

私は出勤して頑張っています。

 

先日新聞を読んでいましたら、こんな記事が載っていました。

68歳の男性の方で、息子さんと同居するために

60年間住み慣れた我が家を、解体することになったという記事です。

 

その方の父親が、戦後復員して建てた家だそうですが、物資の乏しかった時代に

建築材を集めるため、父親が奔走され、小学校の低学年だった筆者の方は

山で伐り出された木材を、トラックが入る林道まで運ぶ手伝いをした。

大変だったが、我が家が出来る喜びで、つらいとは少しも思わなかった。

 

その家を解体することになったが、この家の柱一本一本 壁や障子の一枚にも

思い出がいっぱい詰まっている。

解体されるその様子を見守るのはつらいので、妻と何処かへ旅行をしようっと思っている。

そんな記事でした。

 

先日引き渡したオーナー様も、住んでいた家の解体には立ち会いが出来ないと

おっしゃっていました。おそらく新聞記事の方と同じ気持ちではないかと思います。

そんなオーナ様の気持ちを大切にし、新しい家を精魂込めて作らなければいけないと

改めて感じました。

断熱、気密の恩恵


こんにちは、設計の小林です。

お彼岸というのに暑い日が続きますね。

明後日くらいからは涼しくなりそうですが、

涼しくなるのが待ち遠しい時の暑い日は、身に堪えますね。

急に涼しくなると、寝ている間に気温が下がり

体調を崩してしまう場合もあります。

朝起きたらすごく寒かったという経験ある方も多いかと思います。

森の家の断熱性は、外気温が急激に変化したときでも

ごく緩やかに変化します。

断熱、気密をしっかり行うことによって

外気温の高さ、低さに対しても室温をある程度

保つことができるのです。どちらが欠けていてもいけません。

もちろん、家の中の温度差も少なく

ヒートショックの心配もほとんどありません。

今週末は構造見学会です。

森の家の断熱性、気密性の仕組みを知る良い機会になればと思います。

「バースディー訪問」


こんにちは ホームアドバイザーの川田です。

今日は9月の引き渡しオーナー様 東松山のO様に

4歳のバースディーカードをお持ちしました。

 

奥様がいらっしゃって、カードと記念品を手渡しましたが

記念品は尾鷲桧の沐浴材で、とてもいい香りがします。

お風呂に、入れては乾燥させて、何回も使用できます。

 

尾鷲桧の産地である尾鷲地方は、紀伊半島の東側三重県に位置し、

険しい山林で覆われています。

日本でも有数の多雨地帯で、その雨が見事な森林を作り、良木を育てます。

 

江戸時代から植林がおこなわれ、住民によって計画的な造林と、伐採に努力を重ね

素晴らしい美林を形成しております。

 

一日の疲れを癒すバスタイムのお伴として

お使いくだされば、スタッフ一同何よりの幸せです。

定期点検9


こんにちは、ホームアドバイザーの小幡です。

今回は恒例(?)の定期点検シリーズです。

本日お伺いしましたのは北本市のK様邸です。

森の家を建てて10年という節目の年の点検になりました。

私は屋根や外壁、基礎や雨どいなど建物外部の点検から始まり、家の中では建具の調整などを行ないました。

そしてもう一人の点検スタッフは点検口から床下に潜り、基礎や構造部分や配管などを細かく点検いたしました。

点検自体は無事に終わったのですが、お施主様から「子供部屋に仕切りと収納を検討したい」とのこと。(現在は大きな部屋が1つです)

新築時には1歳のお子様が1人でしたが、10年経った今は小学生のお子様が2人。

家族と一緒に家も成長していくんだと実感した一日でした。

100919.jpg

芝刈り


こんにちわ!ホームアドバイザーの井野口です。

先日、展示場の庭の芝刈りをしました。

夏の間、芝はぐんぐん伸びますね。

芝を刈る前に、まず雑草取りを行います。そのまま雑草ごと刈ってしまっても良いのかも知れませんが、これからの時期は芝がそれほど伸びないでしょうから、雑草だけが伸びてしまいます。

雑草を抜く時には出来るだけ根から抜くようにしますが、なかなか難しいです。草抜きを使った方が良かったです。雑草は、根を残すと、さらに頑強な雑草が生えてくるらしいです。

雑草取りが終わり、芝刈り機で芝を刈り終え、芝の薄くなっている所に土を入れるときれいな庭になります。

芝刈り.JPG仕上げに「シバキープ」をまいて完了です。

今度は自分の家の庭を手入れしたいと思います。

 

気になる天気


こんにちは、ホームアドバイザーの小幡です。

2ヶ月近く続いた猛暑日や熱帯夜もようやく落ち着きました。

来週末は行田市で構造見学会が開催されるのですが、見学会と言えば気になるのが天気です。

見学会当日(土日)はもちろんですが、前日や前々日も準備や近隣の方に向けた案内など天候が崩れると困ってしまいます。

今週末現在の天気予報では木曜・金曜が雨、土曜・日曜が曇りの予定です。

気温は24℃~26℃と過ごしやすいようですが、雨が降らないように明日から「テルテル坊主」でもぶら下げようかと思います。

構造見学会に向けて


こんにちは、ホームアドバイザーの小幡です。

9月25日(土)、26日(日)は行田市内で「構造見学会」を開催いたします。

今回の見どころはなんといっても「森の家」初の長期優良住宅です。

家の性能が上がることは勿論、住宅ローン控除やフラット35の金利優遇など、お施主様にとっても徳になる情報が満載です。

見学会は土日ともに「10:00~」、「14:00~」の1日2回を予定しています。

模型や映像を使ってわかりやすくご説明してから建築中現場をご見学いただくことになっていますので、お時間の都合がつく方は是非一度足を運んでみてください。

100913-1.jpg

国道125号バイパス、国道125号側から。

赤丸で囲った信号機の交差点を左折します。

100913-2.jpg

反対側の「古代蓮の里」側から。

赤丸で囲った信号を右折です。

DSCF6129.JPG

建築現場では、「長期優良住宅」と大きく書かれた幕が下がっています。

構造見学会の情報はコチラから!

レッドパインの床


こんにちわ!ホームアドバイザーの井野口です。

大和屋で扱っている床材のレッドパイン。10年以上前から森の家で使われています。

当時はこんなに節がある床材は他ではあまり見かける事がありませんでした。

日本の家の歴史として節の無い木が高級とされてきました。

そんな中で使われていた節が多い木レッドパイン。

当時はところどころで特に年齢層の高い方から「こんなに節の多い木は・・・」と言われたそうです。

それから10年、レッドパインの床材は広く認知されるようになってきました。

使われている方の感想や口コミによって広まってきたようです。

冬は暖かく感じる事が出来、夏はさらっとした感触です。

森の家展示場では飴色になってきた12年ものレッドパインをご覧いただくことができます。 DSC_1.JPG

お客さまをお迎えするべく床をきれいにしている部長の川田。(笑)