夏、対策


こんにちわ!ホームアドバイザーの井野口です。

暑い日が続いていますが、皆さんどのようにお過ごしでしょうか?

森の家オーナー様には時折ご案内させていただいておりますが、夏の日差しを家の中に入れないということが涼しく過ごすポイントになります。

Low-eガラスを使ってはじめから外からの熱をある程度カットしてしまう方法もありますが、冬の寒い時期には自然のエネルギーである太陽からの日差しを取り入れたいという自然派の方も多いことでしょう。緑のカーテン.JPG

日差し家の中に入れないようにする方法は、簾(すだれ)や葦簀(よしず)、オーニングやシェード、朝顔などのつる植物を使った緑のカーテンなどあります。

葦簀や簾等は色を塗ってオリジナリティーを出すのも面白いとおもいます。

シェードはそのかけ方でカッコ良く見えます。

緑のカーテンは見て楽しむ花や実のなるゴーヤ等を植えることで食べる楽しみもできますね。

 

シェード.JPG外部で日射をさえぎる事の出来ない窓にはロールスクリーンやブラインドやカーテンなどで対応する事になりますが、各メーカーで特に遮熱を意識した商品が発売されています。

このような商品は赤外線の透過を抑え反射させるコーティングがされている物が多いようです。

遮熱ロールスクリーン.gif

私もいろいろと試しています。

先日はTOSOの遮熱効果のあるロールスクリーンを取り付けてみました。

付ける前と付けた後で室内温度を計ってみてその効果のほどを見てみるのも面白いです。 今後は遮熱フィルムを試してみようと思っています。

オーニング.JPG

北欧その30(番外編)


こんにちは、設計の小林です。

今回で「北欧」特集は記念すべき(笑)30回目を迎えることができました。
皆様から「ブログ見てますよ」の声を掛けてくださり、何とかここまで続けることができました。ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

少し大げさになってしまいましたが、今回は番外編ということで、
建築とは全然関係なく、ドイツのフランクフルト郊外にある
バッドビルベル(Bad Vilbel)という駅です。

フランクフルト中央駅や、ミュンヘン中央駅など、主要駅はすばらしい装飾や彫刻が見られますが、
15~20キロ離れると、駅員さんも居るのか居ないのかという感じのところになります。

s-2005-07-25_00.31.22.jpg











ここは、良質なミネラルウォーターが採取できるところらしいです。言われてみれば、住宅展示場の水飲み場で飲んだ水は美味しかった気がします・・・・・。

ちなみにこの写真をとった後、歩道橋手前に立っている人から「小銭が無くて切符買えないから、両替してください」と言われ、小銭を持っていなかったので、両替してあげることができませんでした。

その後この人は切符を買わずに電車に乗りました。。。

日本は高額紙幣も券売機で使えますが、ここでは使えません。両替機なども置いていないので、こういうときにすごく不便だなぁと思いました。

—–
記念すべきと言った割には何の変哲も無いブログになってしまいました・・。

北欧その29


こんにちは、設計の小林です。

今回は、北欧で見かけた「和(?)」です。
とある展示場の寝室ですが・・・
s-2005-07-24_21.50.46.jpg
















ベッドカバーに「愛」でしょうか?書いてありますね。。。
色合いがすごくインパクトのあるものなので、それでまずびっくりしてしまいました。

ヨーロッパの人が考える「和」って、こういう感じなのでしょうか・・・?

少しカルチャーショックを受けてしまったのでした^^;

見学会は7月31日 8月1日です。


こんにちは。 ホームアドバイザーの井野口です。

今度の土、日、は見学会です。 熊谷市久下1777のヴィラコートで建てている最中の建物を使わせていただきまして、建物の強さや断熱性能などを実験を交えながらおこなわせていただきます。

時間は午前10:00~の部と午後2:00~の部の開催となっています。

キッズルームを設置致しますので、お子様連れの方もご安心してお越しください。

説明会場はクーラー完備ですので、暑い日でもご安心しておこし下さい。 

月に一度の・・・ その④


こんにちは、ホームアドバイザーの小幡です。

何度かブログで紹介いたしました月に一度通っている料理教室が昨日開催されました。

今回のメニューは「冷やし中華」「鶏のからあげ」それにサラダや酢の物などでした。

私の担当は「からあげ」でしたので、鶏肉を切ったり、調味料や片栗粉をまぶしたり、そして揚げるところまで、ほぼ全ての工程をやらせていただきました。

参加人数も毎回増えて、今回は先生も入れて全部で8人でした。

出来上がった料理を皆でワイワイ試食して、満腹のまま帰宅しました。

暑い日が続きますが、元気が出た一日でした。

DSCF5868.JPG

「冷やし中華」は具にハム、きゅうり、錦糸玉子、かにかま、しそ、みょうが、そしてキムチも沿えて具沢山でした。

飲み物は自家製のジンジャーエールです。

北欧その28


こんにちは。設計の小林です。
今回はケルンにある世界遺産、ケルン大聖堂です。

ケルン中央駅のすぐ前にあります。近くからですと、あまりの大きさにびっくりします。
見上げてもてっぺんは見えません。圧巻です。。。

2009-01-22_00.25.33.JPG



































この写真は、結構離れたところから撮ったのですが、一番上まで入りきりませんでした。
塔の先端までは157メートルもあるそうです。ふもと(というのでしょうか)の地盤は、周りより5メートルくらい高くなっていますので、もっと高く見えるかもしれませんね。

2009-01-19_23.04.42.JPG



































中も、塔に倣って吹き抜けていて、とても広々しています。と言っても、すごく静かで厳粛な雰囲気は独特のものがあると思います。

中では、お祈りしている人、懺悔している人、さまざまです。観光客もたくさんいましたが、この雰囲気にのまれていました。

私も椅子に腰掛けて、しばらく瞑想、というより心を真っ白にして、浄化することができました。

世界的に有名なゴシック様式の大聖堂。お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください。



お祭り


こんにちは、設計の小林です。
今日はうちわ祭り最終日です。見学に行かれている方も
多いのではないでしょうか?

今年は平日の開催のため、私は昼間は見にいけません。
今日もまだ会社にいるので行けません。。。
遠くから聞こえてくる祭囃子で、
少々のお祭り気分を味わっています。

昨日は会社が終わった後、
少しですがお祭りを見ることができました。
暑い中汗だくになって山車を引いている人や
太鼓を叩いている人たちを見ていると、
私も元気がもらえたような気がしました。

沈む夕日をバックにお祭りが見れたことも、
癒しの効果があったのかもしれません。

うちわ祭り以外にも、
夏にはお祭りが盛り上がっているところもあります。
地域の人々が集まって何かをするということは、素敵なことですね。

住環境におきましても、住民たちがお互いに関心を持ち、
挨拶を交わしたり、困ったときは助け合ったりできる環境は、
地域の防犯にも役立ちます。

このように「安心して住める」環境には、
家だけでなくご近所づきあいなども
大切な要素となっています。



配慮


こんにちは。

 

現場監督の小山内です。

 

 

皆さんは連休どこへお出かけしましたか?

 

私は納車前の整備中のバイクを見に、八王子のバイク屋さんに行ってきました。

 

バイクに乗って行きましたので、顔と腕が真っ黒にやけてしまいました。

 

お陰で今やけたところがヒリヒリしています。

 

 

今日は工事着工前の近隣挨拶をしてきました。

 

工事が始まりますと

 

・重機等の大型車の移動や作業中の音の発生

・工具使用中の音の発生

・材料を切った時に出る粉が舞う

 

などといった事が起こります。

 

その事を事前にご近隣の方々に説明しておく事で、

工事をより円滑に進める事ができます。

 

弊社では新築工事や改修工事を行う際、

ご近隣の方々にご迷惑をお掛けしてしまう恐れがある場合、

近隣挨拶を行っています。

 

工事はお施主様への配慮、そしてご近隣の方々への配慮が

とても重要になりますので、皆様とよいお付き合いをしながら

工事を進められるように努めています。

すずしい家  あたたかい家


こんにちわ!ホームアドバイザーの井野口です。

このところ暑い日が続いていますね。

昨日は午前中に、道具を置く場所を作るために、住宅部のメンバーで棚を制作しました。

物置の中に入れておくための物です。暑い日でいたのでみんな汗だくになっていました。

午後は建築中の建物へ・・・・

丁度、断熱工事が終わりかけの所でした。

中をしばらく見て回っていると、汗がひいてきました。 

断熱工事がほぼ終了していましたので外の暑さが中に伝わってこないようです。

太陽高度に合わせた大きさの庇やバルコニーが日射を遮断してくれているおかげでもあります。

DSCN1491.jpg冬は積極的に日差しを取りいれ、夏は日差しを遮断するという「森の家」の基本的な考え方が良く反映されている家となっていることを実感することが出来ました。

構造見学会③


こんにちは、ホームアドバイザーの小幡です。

今回も構造見学会シリーズの第三弾です。

今回は金物工法のお話しです。

森の家」で使用している金物は他とは少し違います。

KC380066.JPG

写真は「森の家」の梁(はり)と金物の模型ですが、大きな特徴が2つあります。

①柱や梁(はり)に凸凹が少なく、強い。

※一般的に柱や梁を組む際には、「ほぞ」と呼ばれる凸凹ができる為、ほぞの部分が弱くなってしまいます。(断面欠損と呼ばれるものです。)

②通常外側に付ける金物を柱や梁の中に入れるため、仕上がりがキレイ。

※「森の家」では柱や梁を見せる造りになっている為、仕上がりがとても重要です。

構造見学会では模型を使って、一般の工法と森の家の工法を分かりやすく説明します。

ご興味のある方は是非一度ご覧になってください。

構造見学会の情報はコチラから。