お施主様支給


こんにちは。西村です。

 

11/7今日は『鍋の日』だそうです。

 

これから鍋のおいしい季節ですね^_^

 

個人的にはキムチ鍋をが好きなのですが、妻も娘も辛いのが苦手でなかなか食べる機会がありません。

 

あと豚バラ白菜のミルフィーユ鍋も美味しいですね!まだの方は是非お試しを。

 

 

長瀞町S様邸

 

擁壁工事が始まりました。

写真 2017-11-07 11 31 19

写真 2017-11-07 11 29 57

今回擁壁工事はお施主様の支給工事ですが、

 

業者さんとの細かい打ち合わせなどの管理はこちらで行っております。

 

ところで『施主支給』という言葉をご存知でしょうか?

 

簡単にいうとお施主様が建材であったり、こだわりアイテム、住設などをご自身で購入し施工会社に支給して取付・施工してもらうことを言います。

 

施主支給のメリットをまとめると

・住宅会社を通さず購入するのでコストが抑えられる

・こだわりの1品が取り付けられる

・好きなものが選べる

といったところでしょうか

 

その反面デメリットもあります。

・情報収集や適性、納品の日程調整など意外と時間とエネルギーが必要

・輸入商品等、特殊な商品は規格があわない。取付ができない可能性がある

・材料の不足があると再度購入、納品しなければならない。工期に影響が出る

などです。

 

最近はインターネットで何でも調べられて、購入できるようになり、施主支給も増えているようですね。

 

施主支給をお考えの方へワンポイントです。

 

タオル掛けやペーパーホルダー、洗面器、水栓などのアイテム系を支給するときは、

 

現場担当者にいつごろに現場へ持ち込めばよいか確認しましょう。

 

早すぎても置き場がなかったり、作業の妨げになることがあります。日程をよく確認しましょう。

 

施工が伴う支給の場合(ユニットバス・キッチンetc.)は、購入先の担当者と現場担当者が

 

直接連絡が取りあえるように橋渡しをしましょう。

 

各担当者の言葉を中継することはまず不可能です。(建築のお仕事をされている方は別ですが)

 

なので直接連絡を取り合ってもらい管理してもらいましょう。

 

心配な方はときどき各担当者に進捗等確認することをお勧めします。

 

大前提として、施主支給できるもの、できないもの各住宅会社にしっかりと確認が必要です。

 

そして支給する際は早い段階で相談することが、重要です!

 

P1020575 05 11-1