住まいの第一印象


こんにちは。 田村です^^

秋晴れの気持ちいい天気が続いていますね(^o^)/

この3連休はいかがお過ごしでしたか?

紅葉シーズンとなり自然の色づきも楽しみな季節になってきました。

森の家 玄関アプローチ リュウノヒゲ 20171106

 

よく玄関は「家の顔」と言われています。

「家の顔」につながる玄関アプローチも含めて、その見た目や機能が

住まいの第一印象を大きく左右します。

森の家 玄関アプローチ 芝模様20171106

 

森の家では、枕木風(擬木)を使った玄関アプローチが

多く施工されています。

森の家 玄関アプローチ 砂利 20171106

 

リゾートのような・・・

緑あふれるガーデンのような・・・

味わいがでるような・・・

子供たちが安全に遊べるような・・・

森の家 玄関アプローチ 擬木20171106森の家 玄関アプローチ 芝生20171106

森の家 玄関アプローチ 和テイスト20171106森の家 玄関アプローチ インターロッキング20171106

 

家づくりは自らが楽しむもの。

出掛ける時も、帰ってくる時も、必ず通る場所だからこそ、こだわりたい場所です。

それぞれの素材やデザインによって、家のイメージが変わります。

ぜひ、色々とこだわってください^^

 

 

P.S.

今週末、11月10日(金)・11日(土)・12日(日)の3日間、

「国際パッシブハウス・オープンデー2017」 が開催されます。

森の家「北欧」展示場(熊谷パッシブハウス)

ご来場をお待ちしております!

森の家 北欧展示場 国際パッシブハウスオープンデー2017 20171106

 

 

本日も、ありがとうございます^^

 

トランプ大統領 来日


こんにちは。

「馬車道」さんのから揚げ味噌クリームパスタを最近知った井野口です。

このごろ、ラーメンとうどんとパスタのボーダーラインを超えるものが多くなってきていますが、まさにそんな逸品です。

 

さて、トランプ大統領が明日来日されます。

都内の訪問先では、交通規制等警備の厳戒態勢が敷かれているそうです。

 

トランプ大統領といえば「パリ協定」からアメリカの離脱を表明したことでも話題になりました。

ご存知の方も多いと思いますが、「パリ協定とは地球温暖化防止を目指して、温室効果ガスの排出についての2020年以降の各国の取り組みを決めた国際的なルール」で各国が目標値を示して温室効果ガスの削減に取り組むといった内容です。

このパリ協定、2016年のちょうど今日、11月4日に発行されています。(西村のブログみたいなってしましました)

 

この協定の世界全体の目標は

・産業革命前からの地球の気温上昇を2℃より⼗分低く保つ。1.5℃以下に抑える努力をすること

・そのために、21世紀の後半に世界の温室効果ガス排出を実質ゼロにすること 

となってます。

 

参加(批准)した国はアメリカ、EU、日本など先進国のほか中国やインドなどこれから大きな経済発展をしそうな国も含まれています。

これから発展する国にとっては経済活動を阻害されかねない協定ですが、協定を守れなかった時の罰則も設けない代わりに、参加国を増やしたいという意図があったそうです。

 

最近の話題でEUや中国で2030年までに電気自動車化の表明があったのもこの流れの一環と自国の産業を育てる計画があるようです。

逆に大きな石油産業と自動車産業を抱えるアメリカにとっては、デメリットが大きそうですが、協定離脱はトランプ大統領流の駆け引きなのかもしれませんね。

 

ところで来年、森の家が誕生して20年になります。これまでの森の家を振り返ってみると

 DSC_8873_R

(1998年に完成した、森の家北欧、次世代省エネ基準の高気密・高断熱住宅)

Z2003-02_R 

 (2003年に完成した、燃ZEN 無垢材の柱と梁、玄関土間のある家)

W041115-01_R

(2004年に完成した、Withit ステップ フロアーの家)

S050318-01_R

(2005年に完成した、郷庵さとり 燻煙木材使用、和風平屋テイストの家)

0182_R

 (2006年に完成した、ヴィラコート プロヴァンス風の家)

外観全景①_R

(2013年にリノベーションした、認定パッシブハウス )

 

パッシブハウス仕様では、次世代省エネ基準の家に比べて、暖房で使用されるエネルギーは約85%の削減になっています。(当社比)

家全体で使用されるエネルギーも60%削減です。(当社比)

 

日本は2013年の年を基準として、2030年までに26%の温室効果ガスの削減を目標として掲げました。

地球温暖化の環境問題は地域や国境を越えて、取り組んでいかないと解決出来ない難しい問題です。

森の家も、更に省エネでクリーンエネルギーを使用した家造りに取り組んでいきます。

 

 

 

 

 

 

木の香り♪


こんにちは。展示場スタッフの坂本です。

日中はポカポカと暖かいですが、

朝晩の空気の冷たさに秋の深まりを感じますね。

だんだんと紅葉も見ごろを迎え、楽しみです^^

 

先日ご来場いただいたお客様に

「19年経っているのに、木の香りがこんなにするのはすごいですね~」と

お褒めの言葉をいただきました^^

今まであまり考えた事がなく、私の実家も木の家ですが確かに全く感じないなぁと・・・・

木の家が 月日を経ても木の香りに包まれているという事は大切な事だと、

お客様の言葉で改めて気づかせていただきました。

19年目を迎えた 森の家 北欧展示場

ぜひ木の香りと心地よさを体感なさって下さい。

ご来場お待ちしております♪

森の家 パッシブハウス 木の家 心地よさ 木の香り

 

 

 

完成が楽しみです!


こんにちは、江黒です。

 

プロ野球日本シリーズ盛り上がっていますね!

昨日DeNAが19年ぶりの日本シリーズ勝利をあげましたが、ソフトバンクの圧倒的優位はまだ変わりません。

友人がDeNAファンということもあり、私はDeNAを応援しているのですが、ファンの待ち望んだ日本シリーズですので4連勝で日本一を勝ち取って欲しいです^^

 

さて、

熊谷市 Hさま邸

2Fクロス工事完了しました。

 

2017-11-02 09.17.17

2F廊下です。

腰壁に羽目板風クロスです。

居室と雰囲気がガラッと変わり良い雰囲気になっています^^

 

 

そして、前回のブログで紹介できなかった、北面の付け梁、付け柱です。

 

2017-10-31 14.54.42

 

付け梁、付け柱がつくと木のぬくもりが感じられる外観になります!

外観も良いですね^^

 

そして

2017-11-02 09.14.53

 

明日(11/2)この場所にキッチンが付きます。

キッチンが付くと、また雰囲気が変わります。

個人的にも楽しみです^^

 

現場では仕上げの工事を引き続き施工していきます。

工事は残り僅かとなりまして、完成がとても楽しみです^^

 

江黒

ハッピーハロウィン


こんにちは。西村です。

 

今日10/31は『ハロウィン』ですね!

写真 2017-10-31 13 29 28

息子はドナル○ダックの格好をさせられ、地域のハロウィンに行ったようです。

 

 

今日はハロウィンですが『ガス記念日』でもあります。

 

最近では電気の自由化もあり、ガス会社でも電気を取扱う時代になりました。

 

それにともなって、給湯や調理熱源は実際どれがいいのか?

 

迷われる方もいらっしゃると思います。

 

給湯にはガス、電気、石油ありますが、

 

それぞれのメリット、デメリットを簡単にご紹介します。

 

ガス給湯器
[メリット] 水が器具を通る間に過熱する瞬間式なので無駄が少ない。設置スペースが小さい。給湯器本体が安価。
[デメリット] 光熱費が比較的高い。(都市ガス・プロパンガスで異なります)


電気給湯器
[メリット] 深夜料金を利用するので光熱費が安い。火を使わないので安全。音も静か。
[デメリット] 貯水式のため貯水タンクを設置の必要があり、給湯量に上限がある。初期費用が他と比べて高価。


石油給湯器
[メリット] 月々の光熱費が安い。ただし灯油の価格に左右される。
[デメリット] 灯油タンク取り付けスペースが必要。給油の手間がかかる。

 

それぞれ特徴がありますね。サイズによっても違いますし、地域、ライフスタイルに合わせた給湯を考える必要がありますね。

 

寒冷地では凍結を防ぐために石油式の給湯が主流であったりとさまざまです。

 

特に調理熱源は毎日使うものです。

 

料理はやっぱりガスでなくちゃ!というかたもいれば

 

子どもの小さいし安全性を考えて電気にというかたもいらっしゃいます。

 

家族構成・ライフスタイル・使用頻度などさまざまな点から考えて判断することが大切です。

 

 

あったかい日差し


こんにちは。 田村です^^

だいぶ冷え込んできました。。

台風22号による影響で、昨晩は、関東地方でも激しい雨が降りました。

今後も、天候や気温の変化が激しい日が続きそうですね。

住まいについてお困りの事がありましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

熊谷市 Hさま邸

10/27(金)に、足場を外しました。

シンプルで木のぬくもりを感じる「北欧風」の外観です。

森の家 熊谷市末広 外観 大屋根 20171030

 

内部の方は、仕上げ工事(漆喰、クロス、タイルetc.)を進めています。

ちょうど南中時くらい(本日お昼前)のHさま邸 内観写真です。

熊谷エリアにおける太陽の南中高度は、現在40°位です。

森の家 熊谷市末広 現場 パッシブ 20171030

 

もう少し経って、冬至(12月22日)頃になると・・・

一日の内で一番高い南中高度は30°位となり、太陽高度の変化がだいぶ低くなります。

さらに太陽のあったかい日差しを、南側窓からもっと深く取り入れられる様になります。

(写真:本日お昼頃、森の家 「北欧」展示場の内観写真)

森の家 パッシブハウス 傘 台風一過 20171030

 

Hさま邸では、お施主様にご協力を頂きまして、

12月に完成見学会(完全予約制にて)を開催する予定です。

完成がとっても楽しみです^^

日差しの入り方も、ぜひご確認ください。

森の家 パッシブハウス 北欧展示場 外観 20171030

 

P.S.

11月10日(金)・11日(土)・12日(日)の3日間、

「国際パッシブハウス・オープンデー2017」 が開催されます。

森の家「北欧」展示場もエントリーしています。

ぜひこの機会に、快適な省エネ基準を体感してみませんか?

ご来場をお待ちしております!

 

本日も、ありがとうございます^^

 

寒い日に鍋をすすめる理由


寒い日が増えてきて鍋料理が恋しい井野口です。

このところ、夕食の食卓に週1ペースで鍋料理が出てきます。

家族で鍋を囲んで1時間くらいしていると身も心も温まりますね。

 

ところで、我が家では、鍋をテーブルにセットするときにガスのカセットコンロ若しくは卓上IHを使っています。

最近はガスの使用期限が迫ってきている物が多く、もっぱらガスコンロを使用することが多いです。

20160122

ガスコンロを1時間使用した場合どんなことが起こるのでしょうか?

発熱量では、カセットボンベ1本でおよそ3.5kWhの熱量があるそうです。ずーと使っているとおよそ50分位で使い切ります。

熊谷地域に建つ160㎡のパッシブハウスで、一番寒い月の1月に1時間当たり必要な暖房の熱量は0.93kWh位です。

ガスカセットボンベを1本使い切ると、3~4時間、暖房しなくても暖かく過ごすことができるようになります。

ちなみに暖房負荷40kwh/㎡のニアパッシブ仕様の家の場合は、1.5~2時間暖房しなくても暖かく過ごすことが出来、暖房負荷120kWh /㎡の次世代省エネ住宅の場合は、カセットボンベ1本だけでは足らず他に暖房が必要となります。

 

換気、鍋料理でガスを使用する場合は換気を行いましょう。

キッチンのレンジフードの換気扇を使用した場合は400~600㎥/hの換気が行われ熱の損失が大きくなります。400㎥として1時間使用した場合、部屋の中と外の温度差が15℃とすると0.2kWhの熱損失になります。

 

湿度は、冬期の外の低い温度、低い湿度の空気を取り入れ家の中で暖かくしているので、物理的に室内の湿度も低くなってしまう時期になります。

鍋料理をすることにより加湿され続けます。室内温度23℃相対湿度50%で空気1kg(=0.77㎥)当たりの絶対湿度は10gですので、仮に2リットルの鍋の水分が蒸発すると乾燥した空気154㎥分の空気を最適に加湿できることになり、室内の乾燥対策にも効果があります。

身も心も家も暖かくなる鍋、今夜いかがでしょうか?

 

 

 

暮らしのワンポイント


こんにちは 中山です

もうすぐハロウィン

年々、このイベント存在感が増してきましたね!

週末子どものイベントがあるので、お菓子詰め合わせの準備頑張っています^^

 

さて、毎月発行しています「ふれあい通信」の中のひとつに

「暮らしワンポイント」があります

こちらのコーナーは、誰でも簡単にそして気軽に出来る内容をモットーに作成しています

毎月、スタッフが実際に作業した内容を掲載していますので

不明点等がありましたらお気軽にお問い合わせください!

森の家 熊谷

 

 

 

展示場の庭木たち^^


こんにちは。展示場スタッフの坂本です。

久しぶりの青空!!気持ち良いですね^^

お日様をいっぱい浴びて展示場の植物たちもうれしそうです♪

今日は、すくすく育った展示場の庭木の剪定の日!

朝早くから庭師さんが頑張ってくれています^^

森の家 シンボルツリー  庭木

パキパキと手際良く、あっという間に綺麗に剪定!!!

森の家 シンボルツリー  庭木

ハナミズキもさっぱりです^^

 

シンボルツリーとして人気なシマトネリコや、カクレミノ、クサツゲ etc・・・

展示場の庭には、たくさん色々な種類の植物があります。

お庭造りの参考にしていただけると嬉しいです^^

 

 

 

 

 

これから仕上げ工事です!


こんにちは、江黒です。

 

気が付けば10月も後半になり、11月が迫ってきています。

個人的に冬が苦手で、この時期なかなか布団から出られずといった状況です。

寒い冬はこれからが本番です。頑張って乗り切ります!

 

さて、熊谷市 Hさま邸新築工事

内部造作木工事が昨日完了しました。

現在の内部では仕上げ工事を進めています。

2017-10-25 15.35.55

 

ボードの繋ぎ目処理をしています。この下地造りが重要です。

ところどころアクセント入れていく予定ですので、壁の仕上がりが楽しみです^^

 

そして、外部は今週末に足場を解体します。

DSCN2766 (1024x768)

現在はこのような状況で、外壁は仕上がっています。

また、南面、北面に付け梁、付け柱の施工をしていて、とても良いです^^

 

現場としてはこれから仕上げ工事の工程となります。

大工さんがお施主様、後工程に思いやりを持ち、施工していただきましたので、その思いを仕上げ業者の皆さまにもお伝えし、綺麗に仕上げていきます!

 

江黒