家づくりのこだわり。


こんにちは。 田村です^^

先日、熊谷桜堤の夜桜を見に行ってきました。

娘は、満開の桜よりも出店の方に興味があった様でした^^

森の家 熊谷桜堤 さくら 20180402

 

3/31(土)・4/01(日) 「森の家 完成見学会 in深谷市高畑」

ご来場いただきまして、ありがとうございました!

森の家 完成見学会 埼玉県深谷市 20180402

 

今回は特に、お施主様こだわりの「木製玄関引き戸」がある玄関廻りや

レッドシダーの羽目板仕上げ(吹抜け天井etc.)がお客様の目を引いていました。

森の家 完成見学会 深谷市 スタッフ 20180402

 

 また次回、森の家にご期待ください^^

 

 

本日の熊谷は、最高気温24.6℃(15:22)まで上がりました。

森の家「北欧」展示場では、子ども達が半袖で元気よく

走り回って遊んでいました。

森の家 素足 裸足 子ども達 20180402

 

実施設計の打合せでは、VR(バーチャルリアリティ)を使って、

図面だけでは理解し辛い、立体的な空間についてご確認いただきました。

森の家 VR バーチャルリアリティ 20180402

 

VRやパースを見て頂くことによって、家づくりのイメージを

より具体的にしていただく事が可能です。

現場が着工する前に、きっちりと計画(設計)を詰めておくことが、

家づくりにこだわる上で大切です。

 

 

P.S.

本日4/02(月)は、「大和屋株式会社 入社式」がありました。

関さん、岡田さんが、入社しました。

今の気持ちを忘れずに、一緒に頑張っていきましょう!

森の家 大和屋 入社式 20180402

 

本日も、ありがとうございます^^

 

 

完成見学会開催中♪


こんにちは。

今週は上尾市の『くりの木』さんでつけ麺をいただきました井野口です。

きしめんのような麺と濃厚な魚介の出汁を堪能させて頂きました。

麺とスープの組み合わせが一味違うテイストで新鮮でした。

さて、今日と明日は深谷市で現場をお借りしまして、『完成見学会』を開催しております。

今回の森の家は、一味違うテイストでこれまで何軒か見学会に参加されているお客様には新鮮に感じていただけたようでした。

IMG_1002_R

レッドシダーの天井

IMG_0981_R

スチールの階段手摺

IMG_1005_R

2階の各部屋に設けたロフト

IMG_1007_R

レトロな感じのスイッチ

IMG_0984_R

グリーンの室内ドア

シンプルな設えの中に決められたお施主様のセンスが光っています。

 

断熱性能は、パッシブハウス一歩手前のニアパッシブハウス。

暖房負荷は24kwh/㎡・yの高性能はいつも通りの森の家になっています。

他にも木製玄関引き戸、木のフェンスなどご参考になる所が満載の現場となっております。

明日も開催しております。

予約制とさせていただいておりますが、午後1時から3時までは若干余裕がございます。

こちらからご来場ください [見学会のご案内]

スタッフ一同、笑顔でお待ちしております。

 

 

 

 

新学期に向けて


こんにちは 中山です

今週はとても良い天気が続いていますね

絶好のお花見日和です

先日、大和屋社員全員で集合写真を撮りに土手へ行きました

桜と菜の花をバックに写真撮影

仕上がりが楽しみです

IMG_1788

 

 

 

 

さて、来週からは新学期が始まります

新たな学年、学校、そして新社会人

家の中も成長と共に整理整頓が必要な時期です

新たな気持ちでスタートできるように

週末は机のまわりでも整理整頓してみるといいかもしれませんね!

CIMG1832

 

 

 

 

 

今週末は完成見学会です!


いよいよ明日からプロ野球が開幕するのが楽しみな江黒です。

今年はどこの球団が優勝するのか、好きな選手の活躍を見るのが楽しみです^^

 

さて、今週深谷市 Nさま邸がお施主様のご厚意により完成見学会を開催させていただきます。

見どころポイントをちょっとだけご紹介させていただきます。

 

見どころポイント①

2018-03-16 10.12.28

外観です。

1Fサイディング、2Fガルバリウム鋼板の2トーンデザインです。

そして、ウッドデッキ、バルコニー手摺の木部はとても映えています。

 

見どころポイント②

2018-03-16 10.16.23

内部アーチ開口

450Rにて開口を作りました。

クロス屋さんの巻き込み技術も見ものです。

 

見どころポイント③

2018-03-16 10.16.36

吹抜け部天井、レッドシダー羽目板

職人さんにも張り方をこだわってもらい、かっこよく仕上がりました。

また、シーリングファンの色もマッチしています。

 

見どころポイントは他にもたくさんありますが、当日のお楽しみということで、宜しくお願いします。

 

それでは、当日はご来場お待ちしております。

 

江黒

築15年の森の家です


こんにちは。展示場スタッフの坂本です。

満開の桜きれいですね~!!

桜堤から見渡す景色は本当に綺麗です^^

土手の上や桜のトンネルの中でのウォーキングはとっても楽しみです ♪

さくら_R

 

さて、先日 お客様の声「暖かな空間と優しい時間が流れる家」をUPしました!

お住まいになって15年がたち 天然の木の暖かさや温もり、味わいの深さが増したK様邸。

ご家族の成長とともに住み心地よく進化する森の家^^

 

森の家 木の家 自然素材 

子供部屋のレイアウトなども とっても興味深いです^^

ぜひご覧ください ♪

 

>> お客様の声はこちら

 

今週末です!

こんにちは。 田村です^^

「熊谷桜堤」の桜と菜の花のコラボ、本当にきれいですよね。

今週末が見ごろです!

(写真:3月25日  第7回熊谷チャリティーウォークの様子)

森の家 熊谷チャリティーウォーク 20180325

 

 

熊谷パッシブハウス・森の家「北欧」展示場。

寒暖差の大きい「春」も、爽やかで快適な空間です。

森の家 パッシブハウス ポスト 20180327

 

2013年6月に「パッシブハウス」改修を行い、

もう少しで丸5年が経ちます。

温熱環境データも蓄積されており、仮説と検証を繰り返しています。

森の家 パッシブハウス 燃費ナビ 20180327

 

熊谷の冬は、からっ風が吹き乾燥しますが晴天の日が多いのが特徴です。

熊谷の夏は、国内でもトップクラスの猛暑地帯です。

森の家 パッシブハウス リビング 20180327

 

太陽に素直に、日射のコントロールがしやすい様に工夫する事で、

高性能住宅をさらに省エネで経済的に、熊谷の暮らしを快適にしてくれます。

(写真:3/24 吉見町・構造見学会の様子)

森の家 構造見学会 吉見町 201803月

 

今週末は、 「森の家 完成見学会」 です。

パッシブな工夫を、ぜひ実際にお確かめください!

 

 

P.S.

熊谷市 Kさま邸(築14年目)に伺いました。

メンテナンスさせて頂きながら、これまでの森の家の

暮らしぶりについて色々と教えて頂きました。

森の家 スローライフ 熊谷 20180327

 

木製のバルコニー&ウッドデッキがきれいに保たれています。

定期的に愛着をもって手入れ(塗装etc.)をすることがコツですね^^

 

本日も、ありがとうございます!

 

 

第7回熊谷チャリティーウォーク


こんにちは。

今日は、第7回熊谷チャリティーウォークが開催されました。

例年天気が気になる日が多いのですが、今年は晴天に恵まれ、ウォーキング日和となりました。

P3250269_R

熊谷チャリティーウォークとは??

『東日本大震災復興支援を目的に、地域の皆様に地元を歩くことでもっと熊谷の良さを知っていただきたいという想いから、 大和屋の創業188 周年を機にチャリティーイベントとして2012年から始まりました。多くの参加者から好評を頂き、また寄付先の被災地の方々からも感謝をいただいております。今後も地域貢献・被災地支援としてできる限り続けていくことができればと考えております。』(くまがや館・熊谷チャリティーウォーク実行委員会)

P3250056_R(熊谷高校応援団さん)

スタートとゴールの会場となるコミュニティー広場では大会を盛り上げてくれる催しが行われていて、

歩かなくても楽しい時間を過ごせます。

P3250219_R(南子連with綺楽々翔華さん)

熊谷グルメの出店もあり、ピザとどら焼きを頂きました。美味しかったです。

P3250197_R

今年のコースは、コミュニテ―広場を出発して、ひろせ野鳥の森駅の辺りから荒川の土手に上がり、荒川公園の辺りで土手を降りてコミュニティー広場に戻る全長9kmのコースでした。

荒川沿いの土手では、菜の花と桜の花が参加者を出迎えてくれていました。

桜の花が見られたのは、チャリティーウォークでは初めてかもしれません。

P3250195_R

毎年参加してくれている方もたくさんいます。

P3250118_R

今年は483名の方の参加となり、全員無事ゴールされています。

P3250090_R

たくさんの参加者と大会を盛り上げてくれる踊りや演奏のイベント方々、参加者のお腹を満たしてくれるお店の方々、そして裏方で支えてくれているスタッフの皆さん お疲れ様でした。

また来年、お会いしましょう。

今日は音響を担当した井野口でした。

 

見学会と一緒に


こんにちは。展示場スタッフの坂本です。

昨日は季節外れの雪で寒かったですね・・・

春からまた冬に戻ってしまったような厳しい寒さに

膨らみ始めた桜の蕾もびっくりしたでしょうね。

 

さて、来週末は深谷市高畑にて完成見学会を開催いたします。

木製玄関引き戸やポーチ天井、大収納 etc・・・ 見どころポイント満載です!

お施主様の想いがたくさん詰まった森の家の誕生です^^

 

こちらのすぐ近くには、深谷市出身の偉人渋沢栄一氏ゆかりの建物

「誠之堂」と「清風亭」があります。

 

西洋風の田舎屋をモチーフに煉瓦壁が可愛らしい 誠之堂。

玄関や大広間の天井も素敵です ♪

seisi00

 

スパニッシュ瓦、ベランダの5連アーチ、ステンドグラス など

スペイン風の様式がお洒落な清風亭^^

seifu00

見学会と合わせて、ぜひお出かけされてみてはいかがでしょうか^^

 

 

 

 

 

 

リビングの階段


こんにちは。 田村です^ ^

少しずつ春めいて参りました。

今週末の 3/25(日)は、 「熊谷チャリティーウォーク」 です。

よろしくお願い致します!

(写真:神川町 Tさま邸 かわいい笑顔)

森の家 パッシブハウス 子ども達 20180319

 

来週末の 3/31(土)・4/01(日)は、

「森の家 完成見学会」 を開催致します。

こちらも、よろしくお願い致します。

(写真: 完成見学会 会場のリビング階段)

森の家 鉄骨階段 センターリビング 20180319

 

今回の見学会では、鉄骨階段が採用されています。

見た目がシンプルでかっこいい感じです。

 

森の家では、北欧展示場の様な、踊り場付の折り返し階段が

多く採用されてきました。

森の家 パッシブハウス 踊り場 子ども達 20180319森の家 パッシブハウス センターリビング 階段 20180319

 

また、リビングで見せる階段として、

木製の直階段も多く施工しています。

森の家 パッシブハウス 直階段 子ども達 20180319

 

プランによって、階段の種類はさまざまですが・・・

センターリビング設計の森の家では、階段もインテリアの一部となっています。

ぜひ見学会で、階段についてもお確かめください。

 

 

P.S.

森の家オーナー様より、素敵なお花をいただきました。

パッシブハウスの北欧展示場では、あったかさもあり

わりとすぐにお花が満開となりました^ ^

森の家 パッシブハウス お花 20180319

 

本日も、ありがとうございます!

 

いつまでも、安心して、快適すごせる、エネルギーの消費の少ない家


平昌オリンピックに続き、パラリンピックも熱い戦いですね。

選手の頑張りに感動を頂いている井野口です。

 

2020年には東京で開催されるオリンピック・パラリンピック。

今回は天候の影響が出てしまった競技がありましたが、東京も暑さがちょっと心配です。

 

2020年には住宅業界でも節目の年になります。

これまで努力目標だった省エネに関する基準が義務化されるためです。

義務化された後は、基準を満たす家と満たさない家に分けられことになります。

生活の上で、光熱費の多い少ないにという目に見える費用の他に、

家の資産価値も違いが出てきそうです。

 

では、具体的にはどのような基準になっているのでしょうか?

一次エネルギー消費量を基準値以下にする

外皮平均熱貫流率UA値を基準値を基準値以下にする

冷房期の平均日射取得熱取得率(ηA値・イータエー値)を基準値以下にする

 

日本全国を8つの地域に区分けしています。熊谷市は5と6に属します。

UA値で0.87(w/㎡・K)以下となります。

 

02_img06_R(国土交通省HPより)

 以上が基準となっています。

 

 外皮平均熱貫流率UA値について・・今まで熱損失係数のQ値が一般的に使われていました。

Q値は家の中からの熱の損失を床面積で除していたものですが、UA値は熱の損失を外皮総面積で除することなります。

 

おおまかにいうと、森の家の場合はQ値が1.6の場合はUA値は0.5位になります。(単位w/㎡・K)

熊谷市の属する5地域の基準の0.87(w/㎡・K)は・・・

パッシブハウスの0.3以下、ニアパッシブハウスの0.5以下になっている現実を考えると、それほど高いとは言えない基準です。

みんなの声_最終_R(みんなの声抜粋)

 

そして、1次エネルギー消費量の計算においては、太陽光発電による自家消費相当分を差し引くことが出来る事になっていますので、断熱や窓の性能はそこそこにして太陽光発電を載せるとクリアすることもできてしまいます。

家を建てる人にとっては、わかりにくくなっています。

 

しかし、省エネに関する基準が義務化されることに大きな意味があります。

省エネ性能の基準をクリアすることは、冬暖かく、夏涼しい、暮らしやすい家に近づきます。

 

大和屋では、お客様ご要望により、制振装置や太陽熱温水器、太陽光発電の設置も行っております。

いつまでも、安心して、快適すごせる、エネルギーの消費の少ない家になるご提案をさせて頂きます。

 

PS:先日、田村と西村と一緒にさいたま市西区の「麺屋 扇SEN」さんで濃厚塩ラーメンを頂きました。

つくる人の温かさが伝わってくるようなラーメンで幸せな気持ちになりました。

また一緒に行きたいですね。