確定申告(住宅ローン控除)


先日、鴻巣市の「次念序」さんつけ麺を頂いてきた井野口です。

いつも行列ができていて、時間の都合もあり行けてませんでしたが念願が叶いました。

 


 

 

さて、昨年に住宅ローンを使用して住宅を建てられた方は「住宅ローン控除」を受ける事ができます。

住宅ローン控除を受ける為には、確定申告を行います。

確定申告の受け付けは2月18日から3月15日までとなっています。

必要書類は

① 確定申告書 ・・最寄りの税務署で手に入ります。

② 源泉徴収票 ・・お勤め先

③ 住宅ローン借入金残高証明書・・ローンを借りた金融機関

④ 土地・建物の登記簿謄本・・法務局

⑤ 建築請負契約書・・ご契約時にお渡しさせて頂いた書類

⑥ マイナンバーの本人確認書類

以上になります。

 

初めて行う方も多いと思いますが、申告書の書き方がわからない場合は税務署で教えてくれます。

一度、確定申告をしておくと、2年目からはお勤め先の年末調整で済むので大変なのは1年目だけです。

 


 

また「住宅取得等資金の贈与税の非課税」の利用について・・・

住宅取得等資金の贈与税の非課税制度(特例)とは、住宅を購入するための資金を贈与される場合、財産をもらう側(=受贈者)からみて、財産をあげる側(=贈与者)が直系尊属の場合、贈与税を非課税にできる制度です。

一般の住宅は700万円まで、省エネ等住宅に該当する場合は1200万迄

「省エネ等住宅」とは、省エネ等基準(1断熱等性能等級4若しくは一次エネルギー消費量等級4以上であること、1耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上若しくは免震建築物であること又は1高齢者等配慮対策等級(専用部分)3以上であること)に適合する住宅用の家屋であることにつき、一定の書類により証明されたものをいいます。 性能に優れた家の場合は1200万円まで非課税となります。‐国税庁‐

申請書類と省エネ等住宅に該当する場合はその書類を伏して提出します。

(国税庁のHPから申請書をダウンロードして申請する事ができます。)

 

家を建てられた方は、確定申告に備えておきましょう。