パッシブハウスに行ってきました

こんにちは。 井野口です。

 

先週はパッシブハウス・ジャパンの支部ディスカッションに参加してきました。

 

森さん・松尾さん両理事のレクチャーを一度に聞ける豪華な一日でした。

最先端のパッシブハウス事情から基本になる考え方まで、深く学べるプログラムで、 テーマは、「パッシブハウスと給気冷房」、「エアコンのメーカー、容量の適切な選定方法+α」等。

8月に開催されたのパッシブハウス・アジア・カンファレンスでもテーマになった「湿度」をはじめ、「高断熱高気密住宅は、夏暑い?」に真正面から取り組んだ、盛りだくさんの内容で「快適とは何か」を考えさせられました。

IMG_6022_R

 

 

この支部ディスカッションの中で森みわ理事が紹介されていた

「いばらきパッシブ」の島田材木店さんを昨日、訪問させて頂きました。

R1026101_R

以前は展示場として使われていたようですが、今は島田社長のご自宅を兼ねていて

パッシブハウスの住まい心地を体感されています。

R1026089_R

(大和屋の住宅部員も自社物件でない高性能住宅に興味が尽きず、話がなかなか終わらない様子です。)

 

島田材木店さんは夏の湿度コントロールについて理想的なシステムを実践されています。

試行錯誤されながら高みを目指していく姿勢は大変勉強になりました。

地域的にローコストビルダーが多いそうですが、

パッシブハウスを手がけられてから、お客様は家の性能にこだわられる方がほとんどになっているそうです。

今秋も11月に国際パッシブハウスオープンデ―が開催されます。

各地のパッシブハウス(展示場だけでなく)を見学者に開放していますので、

観光とセットでドライブも楽しそうです。

 

 

JVOK2471_R

(大和屋保養所の近くにある万平ホテル)

 

今週は、軽井沢の森の家の保養所で打合せを行ったり、行田市で完成見学会を開催させていただいたりした為、目が回る忙しさ(私のキャパ不足)でした。

まだまだ、トライ出来る事がたくさんありますので、大和屋森の家にもご期待ください。

 

 

PS:今週は茨城県石岡市にあるラーメン屋さん「燦虎(さんとら)」さんに行ってきました。

芳醇琥珀そばを頂きましたが、平打ちちじれ麺、鶏がらスープ、大きなチャーシューは私のド・ストライクの味でした。

また、いつか行ってみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住まい手と造り手


こんにちは。 田村です^^

9/23(土)・/24(日) 「森の家 完成見学会 in行田市」へ

お越し下さり、ありがとうございました!

森の家 完成見学会 行田市 20170925①

 

お施主様のご要望やご予算の中で、いかに工夫して住み心地を良くできるか?

先々のことまで考えたご提案を心がけています。

 

 

森の家の豊かな空間性に、こだわりの造り付け家具たち。

「適所にあり、収納力もよく考えられている」というお客様の声が多くありました。

森の家 完成見学会 行田市 20170925②

 

断熱・気密(W断熱仕様)、窓の性能、創エネ設備(太陽光発電4.2kW)etc.

パッシブ設計による森の家の省エネ性&快適性についても体感して頂けました。

森の家 完成見学会 行田市 20170925③

 

「愛犬と暮らす」というお施主様こだわりのコンセプトについて、

玄関脇にある洗い場やゲート、ウッドデッキやドッグランetc.

動線やゾーニングのひと工夫も、感じて頂けたと思います。

森の家 完成見学会 行田市 20170925④

 

住まい手と造り手。

想いがひとつになることで、本当に住み心地のいい家が生まれると

思っています。

森の家 完成見学会 小上がり ダイニング 20170925

 

住むことによって、さらに成熟させていく森の家。

今後も、ご期待ください^^

次回は、 10/21(土)「構造見学会」 を予定しています。

 

 

P.S.

「名城めぐり」がご趣味のMさま邸へ伺いました。

とっても素敵なお城達の写真が飾られていました^^

森の家 5年点検 名城めぐり 20170925

 

いつも、ありがとうございます!

 

 

今週末は完成見学会です!


こんにちは。展示場スタッフの坂本です。

空気がカラッとして 、すっかり秋らしくなりましたね。

さて、今週末9/23,24  行田市にて完成見学会を開催いたします。

造り付け家具や大収納も兼ね備えた小上がりのダイニング、おしゃれなタイル・・・

見どころポイント満載の森の家です ♪

 

1年半前、初めてKさまが森の家にご来場された日の事、つい先日のような気がします。

Eくんは座布団にねんねできるくらい、まだちっちゃな赤ちゃんでした^^

打ち合わせでご来場いただくごとに

寝返りができて、ハイハイができて、一歩二歩と歩けるようになって・・・

Eくんに会えるのはとても楽しみで 、一緒に遊びながらいっぱい幸せをもらった気がします^^

そんなEくんも今では立派なお兄ちゃん!

先日奥様が展示場に遊びに来て下さり、最近の様子をお話ししてくれました^^

次に会えた時は会話が成立しているかも!!!

 

Kさまの想いがたくさん詰まった森の家☆

たくさんの方のご来場お待ちしております!

森の家 パッシブハウス 完成見学会

 

 

 

 

 

 

4回目の夏


こんにちは。 田村です^^

ここ最近は、寒暖差が15℃以上の日もありました。

寒暖差が激しいと疲れが蓄積しやすくなりますので、

体調管理にお気を付けくださいね。

 

暑さも彼岸までと言いますが、夏場の暑さもあと少し。

森の家「北欧」展示場 では、緑色のオーニングがこの夏、

大活躍してくれました。

森の家 パッシブハウス 日射遮蔽 オーニング 201709月

 

夏の暮らしは、直射日光を遮り室内を涼しく保つことがポイントです。

高性能住宅の弱点は、夏場における窓からの日射取得をよく抑えないと、

室内がオーバーヒートしてしまう所にあります。

 

展示場では、日射遮蔽をコントロールし、ロフト上にある 冷房能力4.0kW(14畳用)

のルームエアコン1台を工夫して、マイルドで心地いい全館冷房を稼働しました。

森の家 パッシブハウス エアコン ロフト 201709月

 

夏の対策、冬の対策をきっちりと考えるには、パッシブデザインや間取り、

高気密・高断熱仕様や設備関係etc. のベストミックスが必要です。

特に夏場は、除湿に対する工夫がひとつのテーマとなります。

森の家 日射遮蔽 バルコニー ウッドデッキ 201709月

 

パッシブハウス改修した展示場。4回目の夏が終わろうとしています。

これまでの実証データも蓄積されてきています。

省エネでありながら快適で、健康的な暮らしをご提案させて頂きます^^

 

本日も、ありがとうございます!

 

 

ダイニングテーブル


こんにちは 中山です。

最近、我が家のダイニングで使っているイスの汚れが

気になって気になって・・・

座面がベージュのシンプルなイスのはずなのですが、

子どもたちが様々なモノをこぼしてくれたおかげで、

だいぶ汚れが目立ってきました。

コストを掛けずに座面だけ変えようと計画中です。

 

ダイニングテーブルは色味やカタチによって

だいぶお部屋の雰囲気って変わりますよね。

 

22

黒で引き締まった感じにしたり

 

26

背もたれにまでこだわってみたり

 

R0017218

色味をプラスして遊んでみたり

 

組み合わせは何通りもあるので迷っちゃいますね。

 

 

 

 

一輪挿し


こんにちは。展示場スタッフの坂本です。

気持ちの良い秋晴れの日が続いていますが、暑いですね・・

まだまだ熱中症には注意が必要ですね。

 

先日、友達の陶芸の個展に行って来ました。

熊谷の銀座ではなく、東京の銀座で個展 ‼

かっこいいです^^

建築学科卒の彼女の作品は、陶芸の枠を超えたアートな世界。

1_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は趣のある一輪挿しを購入^^

毎年、作品の雰囲気ががらりと変わるのも楽しみです ♪

 

独特なセンスは自宅にも・・・

リビングの壁一面全部 子供たちが自由に描けるスペースになっていて、

隣の壁にはみ出すこともしばしば・・・

 

来年はどんな世界が広がっているのか 楽しみです^^

 

 

 

行田市Kさま邸完成見学会の見どころちょこっと紹介


こんばんは、江黒です。

 

いよいよ完成見学会が来週末に迫りました、

行田市 Kさま邸の見どころポイントをちょこっとご紹介させていただきます!

 

2017-09-11 12.19.11

リビングにあるおもちゃ箱です。

おもちゃが収納されると可愛くなりそうです!

 

2017-09-06 10.48.50

こちらもリビングにある黒板の機能がある壁です。

お子様が持ってくる資料を張ったり、落書きが出来たり、たくさん楽しめそうです。

この裏側は

2017-09-11 12.22.13

このようにニッチが5か所あり、両面で違う雰囲気になりとてもおしゃれです^^

 

2017-09-11 12.19.03

また、小上りダイニングもちょっと腰を掛けるのにちょうど良い高さの設定と小上り下には収納がついていて見た目+機能面もばっちりです!

 

2017-09-11 12.20.39

最後に吹抜けから見たリビングです。

造り付け家具、腰壁などなど木のぬくもりがたくさん感じられる森の家となっております。

 

他にも見所はツートンの外壁や造り付けの家具、階段ニッチ、アクセントクロス、畳、ロフトなどなどたくさんあります!

全部見せてしまうと当日の楽しみがなくなってしまうので、ごく一部の紹介をさせていただきました。

 

Kさまのご厚意により、完成見学会を開催させていただきます。

Kさまいつもありがとうございます。

 

 

江黒

マラソン


こんにちは。西村です。

 

9/12今日はマラソンの日だそうです。

 

正直マラソンは苦手です。

 

4年前に会社のみんなで深谷マラソンの10kmに出たのが最後だと思います。

 

それ以来長距離は走っていません。

 

健康維持のためにもすこしでもランニングを始めようかと思う今日この頃です。

 

ランニングといえばランニングコストです。

 

ランニングコストと聞くとどちらかというと建物の燃費や消費エネルギーに目がいってしまいがちですが、

 

メンテナンスもランニングコストの一部だということも忘れてはいけません。

 

それに代表されるのが外壁です。

 

最近では窯業系のサイディングでも汚れ落とし機能や様々な仕様がでています。

 

通常、窯業系のサイディングの塗り替え時期は10年といわれています。

 

また、森の家でよく使うジョリパットは20年です。

 

単純な話をするとイニシャルコストはもちろん窯業系のサイディングのほうが安いです。

 

ただ、20年間で塗り替えが必要になるのは窯業系は2回(1回目をウレタン塗料程度で行った場合)、ジョリパットは1回です。

 

20年間の合計額を考えるとジョリパットのほうが安くなります。

 

もちろん見た目や質感も違いますし、好みもありますので一概には言えませんが

 

イニシャルコストとランニングコスト。

 

たてもの性能、燃費だけでなく一つ一つの部材の耐久性・耐候性等も検討してみてはいかがでしょうか?

 

長く住まう家です。愛着を持って大切に住みたいですね。

 

 

1年点検


こんにちは。 田村です^^

まだまだ残暑が続きますが、朝晩はだいぶ秋めいてきましたね。

 

東松山市 Hさま邸

本日、1年点検に伺いました!

森の家 東松山 1年点検 外観 20170911

 

定期点検では、屋外部分、屋内部分、床下、設備について、

記録シートをもとに、チェックしています。

森の家 東松山 1年点検 床下換気 20170911

 

床下部分は、基礎、構造材、給排水管、害虫、換気設備をチェックしています。

床下空間も、断熱・気密ラインの内側で、換気を行っていますので、よく乾いています。

森の家 東松山 1年点検 吹き抜け ロフト 20170911

 

1年間、森の家に住まわれてみて、ご感想をHさまにお聞きしました。

「1年を通して、家中の温度差がなく快適なことが一番です」とご夫妻。

森の家 東松山 1年点検 ニッチ 20170911

 

この夏は、2Fエアコン(寝室1台)を連続運転されていたそうです。

夏場の電気料金は、10,000円/月・前後です(延床:約35坪)。

森の家 東松山 1年点検 リビング 20170911

 

子ども達と思う存分遊んで、リラックスできる住まいにしたいと、ご主人様。

リビングから6帖の吹き抜けを見上げるのがお気に入りと、奥さま。

森の家 東松山 1年点検 団子 20170911

 

Hさまのこだわりと愛着が詰まった森の家。

私たちも、すっごく参考にさせて頂いております。

いつも、ありがとうございます^^

 

 

 

P.S.

9/23(土)・/24(日) 「森の家 完成見学会」 開催予定です!

万障お繰り合わせのうえ、ぜひご来場ください。

森の家 パッシブハウス 北欧展示場 完成見学会 20170911

 

本日も、ありがとうございます!

 

家の健康リスク

こんにちは。来週に健康診断を控えている井野口です。

このところ、ラーメン屋さんばかり行っているので、中性脂肪や血圧など気になります。

美味しいものを食べる時も幸せですが、やっぱり健康に過ごせることが一番ですね。

 

実は、家も健康に影響を与える要因といわれています。

家にまつわる健康リスクとは、どんなものでしょうか?

①温度

暖かいお部屋から寒い廊下、またはお風呂場などへ移動したときにおこるヒートショックは良く知られたところです。(ヒートショックと居室の暖房へはこちらから

また、夏場に暑い家の中で熱中症になることもあります。田村のブログにもありますが、温度と湿度と風速の関係で熱中症にかかりやすい状況が生まれます。

②カビ

ホルムアルデヒドなど有害な化学物質を原因とするシックハウス症候群は減少傾向にあるといわれていますが、カビやダニを原因とする健康被害は増えています。

これは、住宅に使用する建材から化学物質を出さないようにするための対策や家の換気の対策は取られていますが、カビやダニの発生要因に家自体があまり考えられてこなかったこともあると思います。

 

①の温度が原因となる健康リスクへの対策としては、冬は暖かく、夏は涼しいと感じる事ができる室内の環境を保つことが有効です。

その為には、大きなエアコンをたくさん設置して室内環境を維持するか、ニアパッシブ以上の高気密・高断熱の家にして1台のエアコンで快適な環境を作ることが有効です。

高気密・高断熱住宅に住むメリット

大きなエアコンを複数台、常時使用というのは省エネ意識が浸透している現在では、心理的に我慢してしまう状況も少なくないのではないでしょうか?

環境や経済的にはエアコン使用を控えて電気の節約が正しい選択ですが、健康に対しては間違った選択となってしまうこともあります。

一方、ニアパッシブ以上の高気密・高断熱住宅はエアコンを使用したとしても非常に少ない電力量で済みますし、冬に暖房をつけなくても快適と感じる頻度は多くなります。

快適に過ごすことに省エネ意識が邪魔をすることもありません。

 

②のカビやダニが原因となるシックハウス症候群への対策ですが、カビやダニは温度20℃~40℃、湿度70%以上、酸素、栄養分があると発生すると言われています。

温度は高気密・高断熱住宅にも当てはまってしまう条件となっています。酸素をなくすことは人が生きていく環境ではできません。栄養分をなくすためにこまめな清掃は有効ですが完全にはなくせないですし、家の壁や床も栄養分にならないとは限りません。

出来る事は、湿度を上げない、水分を出さないことになります。

家の中でも水分が集まりやすい場所があります。お風呂です。使用後に換気を行い浴槽の水を抜くか、蓋をすることで対策が取れます。

他の場所では、結露する場所です。結露は断熱・気密がしっかりできていない場所に発生します。

しっかり施工された高気密・高断熱住宅ではあまりありませんが、施工が悪いとその部分で結露が発生します。

高気密住宅でない場合は、窓や壁内で発生することもあります。結露の発生は条件が揃うと発生し続けますので注意が必要です。

 

湿度が上がりやすい場所もあります。

家具や冷蔵庫や洗濯機といった大型の家電の裏や押入れやクローゼットの中などは一般的に湿度が上がりやすい場所です。

家電の裏などは定期的な清掃が有効ですが、家の中を計画的に空気の淀みを作らないように通気・換気させる事がクローゼットの中など湿気がたまりやすい場所には効果があります。計画的に換気させるために気密が重要で、目安としてC値で07c㎡/㎡以下は必要といわれております。

あまり隙間がある家だと意図しない所から空気が出て行ってしまったり入ってきたりして、計画的な換気ができなくなってしまって空気の淀みができてしまうからです。

 

もう一つカビが発生しやすい場所として夏のエアコンの中です。

最新の機種はエアコン内部で発生した結露水を乾燥させてくれるものもありますが、定期的な清掃は必要です。

また、こまめなON・OFFを繰り返して結露水がエアコン内部に残ったまま常温にさせてしまうより、常時運転で結露水がある状態では、エアコンの温度を冷やしたままの方が発生頻度は少なくなります。

この事からも、エアコンの台数は少ない方が管理しやすくていいですね。

快適温度と適性な湿度、結露の発生、エアコンの台数など家と健康の関係は少なくありません。

今年の夏は特に湿気が多い夏でした。

咳が止まらない、風邪をひきやすいという症状の方。お住まいの中にカビが発生していないか点検してみましょう。