仕事納め


こんにちは、江黒です。

 

深谷市 Hさま邸

2016-12-28-13-24-55

屋根工事の状況です。

上の写真は施工中の写真ですが、本日無事に完了しました。

外部は年内中に透湿防水シート張りまで行い、完了します。

 

2016-12-28-13-35-01

内部の状況です。

無事に上部躯体検査が受けられるところまで、施工が完了しました。

先週の段階では床は基礎が見えていましたが、今週は床下地まで完了し、内部の壁下地も進んでいます。

 

工事は順調に進んでいき、年明け以降も電気屋さんの配線工事や、吹付断熱工事など、どんどん進んでいきます。

現場の状況は森の家Face Bookでも随時更新していきますので、確認していただければと思います。

 

寄居町 Sさま邸外壁塗装工事

 

2016-12-26-09-59-08

年内工期でジョリパット吹付工事を行いました。

ウッドデッキなどの木部も塗装し、綺麗になりました^^

Sさまこれからも宜しくお願いします。

 

 

本日で仕事納めの会社が多いようですが、森の家も本日が仕事納めとなります。

今年もたくさんの出会いがある1年でした。

今年出会えたオーナー様やお客様、これからも宜しくお願いします。

来年もお客様、オーナー様に寄り添い、暮らし第一で様々な提案をさせていただきます。

森の家をこれからも宜しくお願いします。

2016-12-16-12-47-45

本年も


こんにちは。西村です。

 

私の今年最後のブログ更新 12/27今日は『ピーターパン』の日だそうです。

 

空を飛べたらどんな気分なんでしょう。死ぬまでに1度はスカイダイビングしてみたいと思っています。

 

 

さて、今日は年末年始のお休み前に現場チェックしてきました。

 

籠原K様邸、岡部H様邸ともに順調に工事が進み、問題なく新年が迎えられそうです。

 

森の家は明日仕事納めでお休みは12/29~1/4までとなっております。

 

1年はあっという間ですね。年を重ねるごとに1年がとても早く感じます。

 

年末年始は天気がよさそうですね。お出かけの際はお気をつけて。

 

 

本年もありがとうございました。

 

また、来年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

空気の質


こんにちは。 田村です^^

ビートルズの曲は、50年が経った今も色褪せないなぁと感じる今日この頃です。

本当に良いモノは、時が経ても輝きを失いませんよね。

家づくりで、最も大切な部分だと思います。

一時の見た目ではなく、「暮らし第一で普遍的な家づくり」を進めて参ります。

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e3%81%8d%e3%82%8c%e3%81%84%e3%81%aa%e7%a9%ba%e6%b0%97%e3%80%8020161226

 

 

 

「気持ちのいい家」

気持ちがいい空間に必要な要素として、空気の質が高いことが挙げられます。

思いっきり深呼吸したくなる様なキレイな空気って良いですよね。

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e5%85%a8%e7%86%b1%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e5%9e%8b%e7%ac%ac%e4%b8%80%e7%a8%ae%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%80%80%e7%b5%a6%e6%b0%97%e5%8f%a3%e3%80%8020161226

 

森の家では、全熱交換型・第一種計画換気システムを採用しています。

室内の空気を計画的に換気することによって新鮮な空気を循環するモノですが、さらに

換気によって失われる熱(温度)を90%回収し、湿度を71%回収するエネルギーロスの少ない

システムです。この計画的な換気を行う為に特に重要なのが、家全体の気密性能(C値)です。

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e5%85%a8%e7%86%b1%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e5%9e%8b%e7%ac%ac%e4%b8%80%e7%a8%ae%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%80%80%e6%b9%bf%e5%ba%a620161226

 

空気のキレイさを表す指標の一つとして、二酸化炭素濃度があります。

建築基準法では、1,000ppm以下が規定されています。

下の写真は、森の家「北欧」展示場 大人4人・子供1人在室時です。

[12/24(土)12:00頃 CO2濃度:651ppm]

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e5%85%a8%e7%86%b1%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e5%9e%8b%e7%ac%ac%e4%b8%80%e7%a8%ae%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%80%80%e4%ba%8c%e9%85%b8%e5%8c%96%e7%82%ad%e7%b4%a0%e6%bf%83%e5%ba%a6

 

換気量不足になると・・・

一酸化炭素(CO)や二酸化炭素(CO2)などの汚染物質、

ダニなどによるハウスダスト、水蒸気による結露etc. の発生が多くなり、

健康を害する危険度が高くなります。

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e5%85%a8%e7%86%b1%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e5%9e%8b%e7%ac%ac%e4%b8%80%e7%a8%ae%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%80%80%e6%b9%bf%e5%ba%a6%e3%80%8020161226

 

逆に換気量が多すぎると・・・

暖房で暖めた空気をムダに外へ逃がしてしまい、温湿度が下がってしまいます。

換気システムを正しく使用し、換気量を正しくコントロールする事が重要です。

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e5%85%a8%e7%86%b1%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e5%9e%8b%e7%ac%ac%e4%b8%80%e7%a8%ae%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%80%80%e6%8f%9b%e6%b0%97%e9%87%8f20161226

 

CO2濃度から必要換気量を求める方法は・・・

実に数学的です(^_^;)

 (Pa-Po)×Q=K

 Q:必要換気量、K:汚染質発生量、

 Pa:室内汚染質の許容濃度、Po:大気中の汚染質濃度

 

例) 延床35坪の家(室容積300㎥)に4人家族がいる時、CO2濃度からみた必要換気量は?

【条件】瞬時一様拡散とする

    室内のCO2許容濃度:1,000ppm(1,000/1,000,000)

    大気中のCO2濃度:400ppm(400/1,000,000)

    1人当たりの呼吸によるCO2発生量:0.02㎥/h

 

【計算式】

  (1,000/1,000,000-400/1,000,000)×Q=0.02×4

 Q=0.02×4×1,000,000/600=800/6=133㎥/h となります。

   必要換気回数=必要換気量㎥/h / 室容積㎥=133/300=0.44回/h です。

 

 

住宅の居室は、換気回数0.5回/h以上 が建築基準法で定められています。

家全体の換気方法(換気システム)は、全般換気・機械換気・連続換気が基本です。

実際には、部屋の大きさ(室容積)だけではなく、在室している人数・ピークの時間帯、

換気経路etc.でも、必要な換気量は変わってきます。

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e7%ac%ac%e4%b8%80%e7%a8%ae%e8%a8%88%e7%94%bb%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e3%80%8020161226

 

換気システムの風量(ボリューム設定)については、換気設計(必要換気量計算、圧力損失計算)

をし設定しています。

実際の住まい方に応じて、設計時の設定を見直してみる必要もあるかもしれません。

(※換気システムは基本的に止めてはいけません。)

 

住まいについて何かわからない事etc.ございましたら、お気軽にご相談ください。

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e7%86%8a%e8%b0%b7%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%96%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%80%8020161226

 

 

2016年の私が担当するブログは、本日で最後となります。

来年はさらに、「熊谷パッシブハウス」の家づくりを進化させて参ります。

本年も、ありがとうございました! 良いお年をお迎えください^^

 

 

家は性能


家は性能。

ある住宅メーカーのキャッチコピーですが、まさにその通りだと思います。

では、家に求められる性能とはなんなのでしょうか?

車だと燃費や安全性、積載量や快適性、積載量や走行性能など色々な見方が出来ます。

 

sub01_pic_02

家の場合は・・

耐震性能や耐火防火性能、耐風、積雪荷重、防蟻、断熱、気密、換気、健康など、多岐にわたります。

 

森の家のお客様にお聞きすると、「暖かい家」「開放的な家」「木の家」などを求められている事が

多いですが、どなたも「安心して安全に暮らせる」ことが前程でのお答えだとおもいます。

 

02_pic_04

大和屋はパッシブハウスへの取り組みをはじめとして、エネルギー損失の少ない家、自然エネルギーを活用する家、自然素材の家、吹抜けのある開放的な家、住む人が健康になる住宅を数多くお引渡しさせて頂きました。

 

title_pic

 

 

 

 

 

そうした省エネ性や快適性、開放的な空間は安全性の上に成り立っているおります。

大和屋は、過剰な宣伝や華美なPRを行っておりません。

その代り、お客様に実際の建物や現場でご確認いただいております。

今年の秋から「住まいの見聞会」をスタートし、今までのセミナー形式から現場やお客様のお宅に訪問する体験形式に模様替えいたしました。

 

1月は熊谷市と深谷市で「構造見学会」を予定しております。

cimg5554-511x690

 

 

 

如月ライブ ‼


毎日、大掃除をしなければと思いつつ… 言い訳ばかりしていますが

今年もあと9日、そろそろはじめないと(-_-;)

 

オーナー様の森の家を見させていただくと、

本当にすっきりお洒落で羨ましいです。

先日、5年点検で伺ったオーナー様のお宅も

とっても素敵な暮らしぶり^^

 

歌手としてもご活躍されていて、忙しく活動されています。

私もCDを聞かせて頂きました。

深みのある歌声が素敵です♪

来年2月に鎌倉町B&Bでライブをされるそうです!

素敵な歌と楽しいお話^^

皆さん、ぜひ足をお運びください♪

ncm_1049_r

お問い合わせ

麻由美エージェンシー

Tel:048-598-7818

 

 

祝!上棟


こんにちは、江黒です。

 

本日は冬至ですね。

1年の中で最も夜の時間が長い日です。

冬至というと真冬で寒くて震えていたイメージでしたが、例年と比べ暖かく冬という感じがしませんね。

個人的には寒いのが苦手なので、嬉しいですが、、、

 

さて、深谷市 Hさま邸

昨日今日と建て方を行いました。

 

2016-12-17-11-57-39

おとといまでの様子です。

基礎工事が終わり、先行給排水工事を行い、先行足場を設置して建て方を迎えました。

建て方前には見える部分だと上の写真のように基礎と土台だけですので建て方をすると一気に進むように見えます!

2016-12-20-13-45-49

こちらが昨日の上棟時の写真です。

この後に屋根パネルの施工まで行いました。

そして本日は

2016-12-21-13-49-39

通気胴縁、野地板、ルーフィング、外壁下地の施工をしています。

 

明日からも引き続き、木工事を進めていきます。

来週はここからどうなったのかの1週間後の様子を載せたいと思います。

 

暮らしの工夫


こんにちは。田村です^^

今年も残り僅かとなりました。

安全で1年が終わりますように、せわしいこの時期、普段以上に

心と時間に余裕をもっていきたいですね。

 

 

ふじみ野市 Kさま邸へ、先日、お伺いしました。

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e3%81%b5%e3%81%98%e3%81%bf%e3%81%ae%e5%b8%82%e3%80%80%e9%9f%b3%e6%a5%bd%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%80%8020161219

 

新築から2年が経過しました。

趣味の音楽ルーム(防音室)や自転車のディスプレイetc.

ご自身でカスタマイズされて、暮らしを楽しまれていらっしゃいます。

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e3%81%b5%e3%81%98%e3%81%bf%e9%87%8e%e5%b8%82%e3%80%80%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%80%8020161219

 

伺った時は、無暖房でした(12/17  17:00頃、晴れ・外気温 6.9℃です)。

暖房方法も色々と試されており、とても参考になりました。

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e3%81%b5%e3%81%98%e3%81%bf%e9%87%8e%e5%b8%82%e3%80%80%e6%b8%a9%e6%b9%bf%e5%ba%a6%e8%a8%88%e3%80%8020161219

 

太陽熱温水器を利用した床下放熱器(温水式)を、補助暖房(朝・晩)として利用されています。

掃出し窓の足元にガラリと床下放熱器を設置し、室内側の床にリターン用のガラリを設けておくと、

静かに暖気が対流する仕組みです。

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e3%81%b5%e3%81%98%e3%81%bf%e9%87%8e%e5%b8%82%e3%80%80%e5%a4%aa%e9%99%bd%e7%86%b1%e6%b8%a9%e6%b0%b4%e5%99%a8%e3%80%80%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%e3%80%8020161219%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e3%81%b5%e3%81%98%e3%81%bf%e9%87%8e%e5%b8%82%e3%80%80%e5%ba%8a%e4%b8%8b%e6%94%be%e7%86%b1%e5%99%a8%e3%80%8020161219

 

最近、遠赤外線暖房器(強モード:700W、中モード:470W、弱モード:325W)を、

購入され使い始めたそうです。

これも優れもので、遠赤外線で人やモノをゆっくりと暖かくする暖房器具(電気式)です。

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e3%81%b5%e3%81%98%e3%81%bf%e9%87%8e%e5%b8%82%e3%80%80%e9%81%a0%e8%b5%a4%e5%a4%96%e7%b7%9a%e6%9a%96%e6%88%bf%e5%99%a8%e3%80%8020161219%e3%80%80

 

輻射熱は、天井や壁、床、家具etc.  均一に室内を暖める為、体感温度は高く感じられます。

また、太陽熱と同じで、直接空気を暖めないので、乾燥しずらい面があります。

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e3%81%b5%e3%81%98%e3%81%bf%e9%87%8e%e5%b8%82%e3%80%80%e7%8e%84%e9%96%a2%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%81%e3%80%8020161219

 

住まい心地や暮らしの工夫etc. 色々と教えて頂き、

ありがとうございました^^

 

 

自然と心も体も元気にしてくれる「あったかい」森の家。

暮らしを第一に考え、今後も家づくりに取り組んで参ります!

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e7%86%8a%e8%b0%b7%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%96%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%80%80%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95%e3%80%8020161219

 

本日も、ありがとうございます^^

 

 

リノベーション(改修工事)

このところ、リノベーション工事(改修工事)のご依頼が増えてきています。

 

森の家の北欧展示場も「熊谷パッシブハウス」にリノベーション工事を行って生まれ変わりました。

p1090553_r

建替え工事で行う選択肢もあったのですが、それまでの森の家のお客様と私たち社員が、出来るだけそのままの形を残したいという思いがあったのでリノベーション工事を選択しました。

cimg1890_r

 改修当時築15年、室内に使用した無垢の木は、いい感じに艶のある飴色に経年変化して、新しい木には無い趣がありました。

よく見ると床にはキズがありますが、あえて直しませんでした。その方がしっくりくるように感じたからです。

 

ヨーロッパには古い家が、きれいな街並みを造っている市街が数多くあります。

綺麗な街並みを見てその街の歴史を想像することが出来る様に、家の柱や床のキズの一つ一つに家族の思い出が刻み込まれていると長年暮らした後で感じられます。

長年使い込む(愛用する)ことで、愛着が生まれてきます。

img_1693_r

愛着を持たれた物は、普段から大事にメンテナンスされ、修理され、カスタマイズされ「ずーっと」使われ続けることになります。

 

img_4388_r

それまでの愛着を残しながら新しい価値が生まれる家にする!それがリノベーションです。

img_4391_r

 

リノベーション工事の施工例

クリスマス♪


こんにちは。展示場スタッフの坂本です。

12月といえばクリスマス ^^

もうすぐですね~

お店やお家のイルミネーションがとっても綺麗 ☆

車で通りがかりにしか見ていませんが、今年は星川が特に綺麗です ‼

 

展示場もちょこっと少しだけ、クリスマスバージョン☆☆

サンタさんはもう来てくれませんが、

クリスマスを待つ間がやっぱり一番ワクワクしますね ^^

ncm_1040ncm_1043       ncm_1042

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暖房器具


こんにちは。西村です。

 

12/13今日は『ビタミンの日』だそうです。

 

毎年、冬になると肌がぼろぼろ西村です。ビタミン・保湿大事ですね。

 

少々女子力高めです(笑)

 

 

さて、本日は大泉町O様邸に蓄熱暖房機のメンテナンスに伺いました。

 

原因としてはタイマー設定がずれていただけでしたので、その場で設定しなおして任務完了です。

 

皆様、暖房器具は何をお使いですか?

 

西村家は借家で、エアコンと開放型の石油ファンヒーターをフルで併用しています。

 

灯油が切れると悲惨です。

 

言うなれば、意図せず新鮮な空気が常に自然と入ってきて換気回数が減り、暖かい空気が逃げている

 

といったところでしょうか(^_^;)

 

早く、あったかい家を建てたい。。。

 

 

現在、森の家ではエアコンを多く採用しています。

 

蓄熱暖房機と比べて導入コストやランニングコストの面でエアコンを採用しています。

 

もちろん蓄熱暖房機も良さがあります。エアコンと違い、直接風が出るわけではないので

 

じんわりと柔らかく包み込むような暖かさを感じることができます。

cimg6309

 

ただ、暖房器具の中でも森の家では開放型の石油ファンヒータは原則禁止としています。

 

それは高い気密性をもった家だからです。

 

もちろん24時間換気はしていますが、それでも一酸化炭素の排出が追いつきません。

 

西村家借家と違い、気密が高いゆえに一酸化炭素がこもってしまいます。

 

開放型の石油ファンヒーターが悪いというわけではありませんが、

 

こまめに窓を開けて換気するにしてもせっかく温まった空気が逃げてしまってはもったいないですよね。

 

床暖、薪ストーブいろいろ暖房器具ありますが、間取りや家族のライフスタイルを考えた暖房器具選びが大切ですね。