防水工事


こんにちは

現場監督の中島です。

 

本日の現場は。。。

 

マンションの屋上防水の補修工事を行いました。

2014-07-31 11.21.11

 

 

 

 

 

 

 

 

下地作りを丁寧に行い、仕上げ塗りを行っています。

 

2014-07-31 11.55.45

 

 

 

 

 

 

 

 

約20㎡の防水補修を行いました。

 

屋上ですので日陰もなく、大変暑い中、職人さんご苦労様でした。

まだまだ暑い日は続きますので、皆さんも熱中症には十分注意してください。

熱中症に一度なってしまうと何度も掛かりやすくなるなど聞きます。

なる前に適度な休憩と水分補給。なってしまったら、すぐ涼しい場所で休むなどして、ひどくなる前に病院で治療を受けましょう。

では、ありがとうございました。

セカンドオピニオン


こんにちは。西村です。

 

本日、ふじみ野市K様邸の地盤改良工事が完了しました。

IMG_0167

 

みなさん病気の際のセカンドオピニオンは耳にしたことがあると思いますが

 

地盤改良にもセカンドオピニオンがあります。

 

まず、地盤調査を行い、改良の必要ありと出た結果に対してその結果の資料を基に

 

各社独自の再計算を行い改良の必要の有無を診断してくれます。

 

もちろんその再診断の結果に対しても保証をしてくれます。

 

今回はセカンドオピニオンをした結果は改良の必要ありということで工事を行いました。

 

大和屋ではできるだけ当初のご予算とずれが生じないようにするため

 

最初のお見積もりから地盤改良工事費を入れさせていただいております。

 

改良の必要がなければラッキーといったかたちです^^

 

このセカンドオピニオンは我々業者だけでなく一般のお施主様でも診断可能です。

 

業者さんから調査の結果は渡されるはずなので、少し気になった方はセカンドオピニオン試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

福祉階段


こんにちは。

現場監督の小嶋です。

 

本日は大和屋の事務所にこんなものがやってきました。

森の家 福祉階段

階段奥に小さな箱のようなものがついているのがわかると思います。

 

こちらは高齢の方や膝の悪い方向けの階段装置です。

高齢になると一般的な階段の段差ではきつく感じてしまうことも多いかと思います。

そこで、階段の段差を半分にしてしまおうという装置です。

森の家 福祉階段2

 

実際に上ってみましたが、装置が付いている階段を上ってから普通の階段を上ると、確かに普通の階段の方が足に負担がかかっているように感じました。

森の家 福祉階段3

 

 

ご自身やご家族で足腰が弱くなってきた際に階段や小さな段差に手摺の設置を考える方が多いかと思います。

今後バリアフリー改修などご検討の際にはこのような方法も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

森の家 目に見えるカタチ@


こんにちは。

工務課の田村です^^

 

熊谷市末広 Nさま邸

階段廻りの造作を行っています。

中2Fスペースの完成がとっても楽しみです^^

 森の家 熊谷市末広現場 木工事 階段造作 20140728

木工事の方も仕上げ段階に入り、佳境を迎えています。

大工さんの造作、気持ちが入っています!

森の家 熊谷市末広現場 木工事 ボード貼り 20140728

図面から、だんだんとカタチになっていきます。

 

 

先日のブログで、屋根付きインナーバルコニーをご紹介させて頂きました。

そのほか、森の家オーナー様のお宅では、室内干しスペースもあります。

 

こちらは、2F吹抜け前にある「ファミリースペース」の梁に

物干し金物を取付け、広々と干せるスペースになっています。

森の家 ファミリースペース 20140728

こちらは、1Fにある「土間スペース」に物干し金物があります。

すぐ前には「ウッドデッキ」があり、外にも、中にも干せて便利です^^

森の家 玄関土間 20140728

 

 

P.S.

スコティッシュフォールドの 子猫「ノノちゃん」。

森の家オーナーさま宅へ伺った時に、パシャリ!

森の家 ねこちゃん 20140728

癒されますね^^

 

ウッドデッキの活用案


ウッドデッキは様々な活用方法があります。

 

BBQ・読書・カフェとして

日曜大工の作業スペース・洗濯物干しetc.

 

先日ウッドデッキのあるオーナー様のお宅に訪問させて頂いた時、

梅干し

梅を干されていました。

 

日当たりが良いという事で、

2~3日干すと梅干しが出来るそうです。

 

これからの時期梅干しはとても重宝しますよね。

 

ウッドデッキで梅干しを作る…

新たな活用方法をオーナー様から教えて頂きました。  小山内 豪

夏 #


IMG_0763

 

こんにちは。

  熊谷のうちわ祭りも終わり、本格的に暑い日がやってきました。

 3日目の夜、子供を連れてうちわ祭りを見てきました。

 食べ歩きをしていると、高校の同級生やお客様と出会ったりして

 楽しいひと時でした。

 伝統として受け継がれている囃子(はやし)の叩き合いは、迫力が違います。

IMG_0771

 

こちらの長い廊下に見えるところは、築250年のお寺の本堂です。

法事で人がたくさん集まると、暑いということで相談をいただいています。

単純に、必要な冷房エネルギーを計算して、それに見合う冷房システムを設置すれば問題は解決。ということになるのでしょうが歴史のある建物に似つかわしくない気がします。

お寺をサーモグラフィーで調べてみると、人がいない状態ではそれほど暑くなく、一般の家よりも涼しい状態です。

まわりに、日射を遮る大きな樹木が茂っている事や大きな屋根の大きな庇。

物で塞がれていますが、高い床下は通気が出来るようになっていて、樹木に使用している井戸水は18℃になっています。 南側の窓は書棚があって開けていないとのこと。

徒然草に書かれているように夏を考えた建物です。

本来の通風を確保することと、自然を生かした方法で涼しくことをアシストする方法を検討しています。  井野口

 

 

 

 

 

造り付カウンター


こんにちは 中山です。

7月も後半、お子様が夏休みに入った方も多いのでは?

夏休み、元気に遊ぶのと同時に勉強もしっかりやってほしいところですよね。

 

 

今はこどもが『リビング』で勉強する事が多いとよく耳にします。

家族がそろうリビングで勉強するのはこどもにとっても安心感がありますし

親も目の届く場所にいることで安心感がうまれるのでしょうか?

ただ、ダイニングテーブルが占領されてしまうのはちょっと残念です。

かといって、勉強机をリビングに置くのも、スペースに余裕があればよいのですが・・・

そんな勉強をするスペースとして活躍するのがカウンタースペースです。

 

 

リビングにカウンターを設けることにより

勉強スペースとしてはもちろん、パソコン・プリンター置き場、

ミシンを置けば裁縫スペース、

そしてお子様のいらっしゃる家庭では、五月人形やお雛様を飾るスペースとして利用する事もできます。

 

家族のライフスタイルに合わせていろいろな使い方が出来るので

長い間活躍の場がありそうですね。

kaunta

 

 

 

TS勉強会


こんにちは

現場監督の中島です。

本日は。。。

TS勉強会を行いました。

TSとは?・・・

チームスマイルといって森の家施工業者さんたちの呼び名の略です。

このような勉強会を定期的に行っています。

皆さん真剣に、時に笑顔で話し合いました。

TS通しやTSと大和屋スタッフとのコミュニケーションを図るとともに

森の家の現場をどうすればよりよくなるかと話し合っています。

今まで、森の家の考え方やパッシブハウスについて、お客様に喜んでいただくには・・・・・・などなど

皆さん意見を出し合いました。

仕事終わりで大変疲れている中ですが、今回も大変良い意見が多数出ました。

貴重な意見を汲み取り、今まで以上に魅せる現場つくりが出来るのではないかと、改めて感じます。

 

雪の被害


こんにちは。西村です。

 

先日、2月に降った雪でカーポートが破損してしまったN様邸のカーポート新設がようやく完了しました。

IMG_0127

製品自体の納品待ちという形になってしまい夏を迎えてしまいました。

 

メーカー、製品によって納期は違ってくるようです。

 

N様お待たせしました。

 

工事自体は無事に完了しました。

IMG_0136

住宅街を車で走っているとまだカーポートが破損したままのお宅や、撤去してそのままといったお宅も見かけます。

 

まだまだ雪の被害が完全に復旧したわけではなさそうです。

 

すこしでも復旧のお手伝いができればと思っています。

 

安全パトロール


こんにちは!

現場監督の小嶋です!

 

暑い日が続いていますね。

熊谷では連日うちは祭りの山車が練り歩き、太鼓や笛の音が聞こえています。

私は昨年熊谷に引っ越してきて今年で2回目ですが、地元ではこんなに本格的なお祭りはなかったので山車を見たり音を聞いたりするたびに感動しています。

今夜が一番の盛り上がりのようですね。

混雑が予想されますので、ご参加の方はお気を付けください。

 

 

さて、本日は大和屋住宅部労働安全衛生協力会の活動の一つ、安全パトロールを行いました。

安全パトロールでは現場で危険な場所・行動がないかチェックしていきます。

今回は大和屋2名、協力業者1名の計3名で行いました。

 

森の家 安全パトロール2

こちらはふじみ野市K様邸です。

着工して間もない現場ですのでそれほどチェック項目はありませんが、

作業員の服装や仮設物の設置は適切かなどチェックしました。

 

 

森の家 安全パトロール

こちらは熊谷市N様邸です。

こちらは木工事を行っているところですので、チェック項目がたくさんあります。

道具の使用方法、転落防止措置の有無、ゴミ置き場の指定etc.・・・

細かくチェックしました。

 

安全パトロールを行うことで、より安全で、より高品質な現場を作っていくことができます。

また、パトロールとして現場で見える形で行うことで、職人さんの意識も高めることができます。

 

工事中からお引き渡し後まで、ずっと安心・安全・高品質な森の家つくりを心掛けていきます^^