大きな「吹抜け」@


こんにちは。

ホームアドバイザーの田村です^^

午前中は台風の影響もあり大雨でしたが、

本日も、森の家「北欧」展示場へご来場いただきまして、

ありがとうございます。

北欧展示場は、センターリビングに大きな「吹抜け」がある空間性が

特徴ですが、「吹抜け」は快適性の部分にも大きな役割を担っています。

断熱・気密の性能が良い北欧展示場では、

夏場、冬場の冷暖房時には、

「吹抜け」にあるシーリングファンを活用しています。

空気を撹拌させ循環させる事によって、家の中の温度差をさらに小さくしています。

森の家 シーリングファン.JPG

夏場はシーリングファンの風が感じられる下向き回転の風で使用し、

冬場はシーリングファンの風が直接当たらない様に上向き回転の風で

使用するのがおすすめです。

また、冷房の冷たい空気は下に溜まりやすいので、流れに逆らわずに下向き回転で撹拌し、

暖房の暖かい空気は上に溜まりやすいので、上向き回転で撹拌するという意味合いもあります。

人は、風速1.0m/sの気流で、体感温度が1.0℃下がるといわれています。

夏場は扇風機の役割となり、体感温度を下げてくれます。

森の家 北欧展示場 吹抜け.JPG

 

リビングの「吹抜け」。 心地良い空間を演出してくれます。

温度差が小さいお家は、身体にも心にもやさしさを与えてくれます^^