気密測定


こんにちは、設計の小林です。

改修工事中の北欧展示場ですが、気密測定を行いました。

建物の気密性能を表す数値としてよく用いられるのが「C値」ですが、

通常は「減圧法」という試験方法で行います。

今回は、ドイツの認定を取るために「加圧法」という試験方法で行いました。

以前、中島のブログでも報告させていただきましたが、

前回は窓が付いていない状態での測定でした。

今回はすべての窓が取りついた状態で正式な気密試験となります。

20130424ko.jpg

試験中、棟梁も心配そうに見守る中。。。

もちろん私もハラハラと結果を待っていました。

結果ですが、

正式な試験結果はまだですが、速報ではパッシブハウス認定基準を

大きく上回る良い結果が!

50パスカルの加圧時の漏気回数は0.2回程度に落ち着きそうです。

ちなみにパッシブハウス認定基準は0.5回。

大変良い結果でした。

これから改修完了に向けて頑張ります!