窓の大きさと断熱性能 #


こんにちは、 井野口です。

窓から庭の花や緑を眺めるのには、良い季節となってきました。

冬の間、解放されることがなかった窓を開け放つと風に乗って

春の香りを感じます。

窓は家のデザインを大きく左右します。

色や大きさ、付けられる場所によって見た目の印象は大きく変わってきます。

性能的には、耐久性や防火性能などチェックすべき項目はありますが、

今回の改修工事で注目した部分は断熱性能です。

どの窓(ペアガラス)にも言えることですが、家の中から外に熱が逃げてしまう

部位としては、ガラス面よりも枠の部分の方が大きいです。

ガラスの部分は、間に空気層があるために熱が逃げにくい構造になっていますが、

枠の部分は、樹脂の枠でも木の枠でも熱の伝導が起こります。

そこで、窓の断熱性能を考えると、小さな窓を複数付けるよりも、

大きな窓を1つ付けた方が、ガラス面の比率が大きくなり

熱の損失が少なく済むという事になります。

PH%20HOKUOU.jpg

森の家北欧展示場のパッシブハウス改修工事も来週から

いよいよ窓の工事に取り掛かります。

4月の見学会で窓をご確認ください。

ハンドメイド


 こんにちは♪

先日 『森の家』 オーナー様に陶芸を教えていただきました^ー^

展示場スタッフの柴田です。 陶芸①.jpg

  陶芸をイメージすると、轆轤(ろくろ)をグルグルとまわしながら・・・

 形をつくると思いますが、教えて頂いた方法は、粘土をひも状にして

 重ねていく方法で、とっても簡単☆間違えても何度も作り直せます^ー^

陶芸②.jpg

 

 仕上げは、木製ヘラで隙間を少しずつ埋めていきます。

陶芸③.jpg

← わたしの親指が

すごく反っています…

気になりました(笑)

 「小鉢」2つと、手前のものは、箸置きに見えますが・・・

 「お香立て」  完成しました!!  焼き上がりがどんな感じになるか^^

 今から、とても楽しみにしています♪ 

 陶芸の他、 『森の家』オーナー様宅には、ハンドメイドの素敵な作品がたくさんあります!!

 いつも色々なことを教えていただき本当にありがとうございます^ー^

   ~ お花のブローチ~

①作品.jpg

  ②作品.jpg     ~ウエディングケーキ★ボックス~

           

           

沈丁花


R0021049.JPG今日は、展示場スタッフ野地が「ヴィラ・コート」展示場より登場させていただきます。

何とも言えないいい香りに誘われて目をやるとひっそりと沈丁花が咲いていました。オーナー様のお庭です。 桜ほどの華やかさはないけれど、その香りでじゅうぶんな存在感を発揮しています。

香りは記憶をくすぐりますね。 私はとても小さかった頃、お風呂で母専用の物を「わたしも、わたしも」とせがんでいました。その中でも一番好きだったのが沈丁花の香りのリンスなのです。水で薄めて使っていた頃のものですので、知っている方は少ないですよね。^^

沈丁花の香りは、今となっては死語になってしまったかもしれないノスタルジーを感じるのです。

春の森の家便り@


こんにちは。

ホームアドバイザーの田村です^^

今日は、ポカポカ陽気でしたね。

熊谷は、桜の満開宣言から3日目。 熊谷桜堤は、お花見日和に大賑わいです。

桜の見頃となっている今週末は、もっと賑わいそう。

森の家 春の便り①.JPG

さて、「ヴィラ・コートゆうきゅう」分譲地では、現場の方が

順調に進んでおります。

来月には2現場、足場払しの予定です。

どんな外観が見られるのか、すっごく楽しみです^^

森の家 春の便り②.JPG

「森の家」では、塗り壁仕上げの外観も多く施工しております。

森の家 春の便り③.JPG

色褪せがしにくく、色合いや質感を長く保てる耐久性をもつので、

塗り替えの回数が少なく済むのも特長です。

メンテナンスの事まで考えて、採用する方が増えています。

森の家 春の便り④.JPG

色の種類も何十色とあり、テクスチャー(塗り方)も同様にたくさんあります。

多彩なパターンの中から選べるのも魅力です。

森の家 春の便り⑤.JPG

春の訪れを感じるこの季節、緑と白い壁が爽やかさを感じさせてくれますね。

デザイン、質感、色、メンテナンスetc. バランスのとれた 素敵な外観。

自分たちらしさが一番見えるところでは、ないでしょうか。

成長


こんにちは、設計の小林です。

春になっても寒い日もありますが、桜の花をはじめ

いろいろな春の足音が聞こえてくるようになりました。

そんな中、文政ビルの壁面緑化も成長する季節になりました。

2011年の様子がこちら

20110425ko2.jpg

ちなみに緑化工事完了時の様子は

20130327ko.jpg

とても小さな木でした。

この緑化は「ノウゼンカズラ」と「スイカズラ」という二種類の樹種で

構成されています。

小さいころの写真だとよくわかりますが、下の方でこんもりしているのが「ノウゼンカズラ」

ひょろっと長いものが「スイカズラ」です。

この樹木たちの成長に一役買っているのが自動散水システムです。

毎日設定した時間になると、自動で水やりをしてくれます。

20130327ko2.jpg

ホースから水がにじみ出てきて、土壌に水やりを行うことができます。

年数が経ってきまして木は大きくなってきましたが、

この散水ホースは痛みが出てきました。

部分的に穴が開いてしまい、水が勢いよく出てしまう場所が

できてしまいました。

早速ホースを購入しましたので、後日取り換えを行う予定です。

今年はどのくらい成長してくれるのか、

後日写真をアップしようと思います!

☆キャットウォーク☆


こんにちは!

現場監督の小山内です。

今日はオーナー様のお宅で

キャットウォーク工事を行いました。

IMG01086.jpg

吹抜け部分に造られたキャットウォークは

床をすのこ状にし、手摺を縦格子とする事で

サッシからの採光をほどよく室内に届く様にしました。

また、その様にした事で

吹抜けの開放感を残す事もできました。

これからこのキャットウォークが

どのようにお施主様の好みで彩られていくか

とても楽しみです!

是非完成した時は呼んで下さいね!

“森の家”気密検査


こんにちは

現場監督の中島です。

今週末、熊谷の桜も満開予定ですね^^

さて、本日の現場は。。。

気密検査1.JPG

現在、パッシブハウス改修工事中の北欧展示場で気密検査を行いました。

気密検査2.JPG

気密検査の際に、開口部を探しやすくする為、展示場内部は煙で回りが全く分りません。

今回行った気密検査ですが、パッシブハウス性能基準では

【気密性能として50㎩の加圧時の漏気回数0.6回以下※

※漏気回数0.6回以下=隙間相当面積(C値)=0.2c㎡/㎡以下となる。】

と言う厳しい基準の中で、

暫定ですが、漏気回数0.17回、隙間相当面積(C値)=0.09c㎡/㎡

という、素晴らしい数値が出ました。

中間検査の為、決定はまだ先ですが、相当よい結果でした。

屋根工事.JPG

木工事に合せて、屋根工事も佳境に入ってきました。今週中には完成できそうです^^

まだまだ工事は進んでいきますが、最後まで気を抜かずに宜しくお願いします。

その他、自社物件であります、サンハイツ大和での工事です。

サンハイツ2.JPG

サンハイツ大和のワンフロアーを改修工事中です。

現在は、間仕切り工事、電気配線工事中です。

写真は壁の下地の施工です。分りづらいですが、色々なRの壁で仕上がってきます。

いまから、完成が楽しみです^^

話しは戻りますが、気密検査の結果は、使用部材の性能も大きく左右してきますが、やはり携わる職方さんの技能に大きく左右してきます。

今回の値を見た限り、本当に信用できる職人さんが森の家を施工してくれているという安心感と職人さんのプライドが良く分ったと改めて感じました。

春の訪れ#


こんにち

先日、朝の清掃をしている時に春を見つけた井野口です。

大和屋では、始業前に会社の中と外の清掃を行っています。

IMG_2424.jpg

歩道を掃除する設計の小林

月毎に、清掃範囲は変わるのですが、今月の私の担当は

小林と同じく歩道です。

車道と歩道の間に街路樹があるのですが、暖かくなってきたことも

あり雑草が伸び始めてきています。

IMG_2425.jpg

ですので、最近の朝の作業は草取り。

さつきの中に生えている雑草は、意外と抜くのに苦労します。

今の時期はまだ良いのですが、夏になると1日で新しい草が生えていて

抜いても抜いてもきりが無くなったりしますが、

通りすがりの人に挨拶されるとその日一日気持ち良く仕事に打ち込める

特典があります。

今回は春の訪れを実感出来ました。

IMG_2423.jpg

つくし が生えています。良く見ると何本か生えていて

「春だなー」と改めて実感することが出来ました。

他の草は抜いてしまいましたが、つくしは残しておくことにしました。

今年は桜の開花も早いですが、探すと色々なところに春の訪れを

見つけることが出来ますね。

「森の家」 オリジナル木製家具@


こんにちは。

ホームアドバイザーの田村です^^

「森の家」では、オリジナル木製家具のご提案もしております。

住まわれる方の生活スタイルにピッタリで愛着のあるオーダー品です。

先日、お引渡しをさせて頂いた「森の家」では、

本や雑貨を並べられる大きな棚が造り付けられています。

森の家 オリジナル家具 ①.JPG

それぞれ、「森の家オーナー様」宅には・・・

素敵なオリジナル木製家具がございます。

リビングの一角にあるパソコンスペース。

森の家 オリジナル家具 ②.JPG

中2Fにあるデスクカウンター。

森の家 オリジナル家具 ③.JPG

キッチン脇にある飾り棚。

森の家 オリジナル家具 ④.JPG

寝室のドレッサーと間接照明。

森の家 オリジナル家具 ⑤.JPG

使い込むほど暮らしに馴染む自分だけの家具。

素材、デザイン、機能etc.あれこれ考えて、自分が納得して

作ったものだからこそ、永く付き合える。

オリジナル木製家具ならではの「愛着」が、一番の良さではないでしょうか。

“森の家”養生の重要性


こんにちは

現場監督のnakajimaです。

今年から花粉症になる人が多いようです。

私も先日、花粉症かなと思い数日たった後、風邪だということに改めて気付きました。

今年は特に急な突風にお気をつけ下さい。

さて本日の現場は・・・

ub.JPG

ユニットバス工事です。

基本的に一日で、空間にお風呂を設置していきます。

何時見ても早いですね^^

床養生.JPG

大工さんが2階のフローリングを施工し、キズが付かないように2重で養生をしています。

フローリングの上に板を置き(キズ防止)、その上から養生シートを施工しています。

一番上の養生シートはホコリ防止と掃除が行いやすいように行っています。

その他、天井や壁の下地材を施工中です。

養生はキズ防止以外に毎日掃除を行い、作業の効率化や安全対策を行う手段の一つです。

現場は特にホコリが多く、作業ごとにゴミも出ます。そのような状況の中で、どれだけ掃除を行いやすくし、現場をきれいに保てるかが、円滑に工事を進めていく為のキーポイントになってきます。