IXY200a


カメラ.jpgこんにちわ!

ホームアドバイザーの

井野口です。

持ち物でなかなか手放せないものってありませんか?

私はあまり物を買ったりしない方だと思います。

洋服も気付けば10年ぐらい着ている物もあったりして、流石にもう年齢的に合わないのでは?と思われてしまう物もあったりします。

この写真のカメラは手放せない物の一つです。

買った時にはデザインが好きで買ったのですが、今となっては携帯電話についているカメラの方が高性能となってしまいました。

途中メーカーのリコールもあったりして、その時に交換していれば新しい機種に変える事も出来たようです。

他にもカメラは、何台か持っているのですが、専らこのキャノンのIXY 200aを使う機会が多いです。

重いし、画素数は荒いし、蓋が壊れているし、メモリーがCFカード、おまけにその容量が128MBといいところがあまり無いのですが・・・

でも、画素数もブログに載せる写真でしたらちょうど良いですし、何より手に馴染んでいます。

ブログに掲載している写真のほとんどはこのIXYで取っています。

これから、このカメラが壊れても、直せなくなるまで使い続けて行こうと思います。

リフレッシュの大切さ


おはようございます、設計の小林です。

現在、我が家では風邪が蔓延しています。
週末は妻も子供も、熱が出てしまったり鼻水が止まらなかったりと
その対処にあわただしく過ごしました。

とうとう私も、今朝からのどが痛く
若干熱っぽさもあります。

昼間は暖かな日でも、朝晩急に冷えたりもあるこの時期。
体調管理には十分注意してお過ごしください。

お休みの時には趣味を満喫するなど
心身ともにリフレッシュすることも大事ですね。

私自身、最近の休日は家で寝て疲れを癒すことが
多かったように思います。
この風邪を機会に、リフレッシュを心がけたいと思います。

壁面緑化


こんにちは、設計の小林です。
最近はぽかぽか陽気が多くなってきました、
いよいよ春が訪れたのでしょうか。

さて、私が勤めている事務所の東面には
壁面緑化が施されています。

20110425ko2.jpg







































外壁にワイヤーを張り、地面に植えた
ツル性の植物がワイヤー伝いに成長していきます。

成長し、葉を付けた植物が
夏の日射を和らげてくれる効果があります。

暑い夏になると、太陽高度の低い朝や夕方には
壁面に日が当たり、建物の温度を上昇させます。

森の家では、外壁通気工法を採用し
この影響を極力少ないようにしていますが、
やはり太陽の大きな力。少なからず影響を受けます。

この壁面緑化で、建物の温度上昇を抑制して、
エアコンなどに使うエネルギーを
少しでも抑えられればと思います。

20110425ko.jpg

旅先にて


こんにちは、ホームアドバイザーの小幡です。

先日のお休みに新潟県に行きました。

目的は私の叔父が昨年に家を新築しまして、新築祝いを兼ねた故郷帰りです。

(私の両親は新潟育ちで、実は私も新潟県で生まれました。)

叔父の家は新潟県で有名な工務店で建てましたので、私もとても興味がありました。

KC380092.JPG

海岸近くの高台にあり、海と佐渡島が展望できるリビングが絶景でした。

KC380094.JPG

4月下旬でも新潟は寒く、まだ薪ストーブを使っていました。

(森の家の展示場は3月中旬にはキレイにしました)

ストーブ上部には床暖房用のタンクが付いています。

一番印象深かったのは叔父がとても満足していて家の話をしてくれたこと。

どんなに良い家をつくっても、そこに住む人が幸せでなければ意味が無いと改めて感じた一日でした。

KC380102.JPG

帰りに寄った海岸沿いに鉄道が走っていました。

信越本線の「青海川駅」で、日本一海に近いと言われる駅だそうです。

日本海は津波の心配は低いと聞きましたが、それでも少し怖いですね。

地盤調査


こんにちは、設計の小林です。
今日は、昨日とは打って変わって青空でした。

今日は地盤調査に立ち会いました。

地盤調査の方法には、
「スウェーデン式サウンディング法」や「超音波探査法」など、
いくつかの方法があります。

今回の敷地では超音波探査法にて調査を行いました。

20110421ko.jpg
















手前の振動機で、地面に振動を与え
奥の(ちょっと見えづらいですが)2つの受信機で
その振動を受信し、地面が振動を伝える時間差から
地面の強度を調べます。

調査員の車には、とても複雑そうな機械やモニタが
あり、そこでデータを取っていました。
会社に戻って詳細に解析するそうです。


昨今、地盤調査、改良のあり方については
様々な議論がされています。
大げさな調査結果や、過剰な改良により
不要な出費を避けることも
シンプルな家造りに欠かせないことかもしれません。

石戸蒲桜


こんにちは、設計の小林です。

震災後の自粛ムードもありましたが、
最近では、元気な地域が元気に過ごそうと
活発に活動する傾向が見られてきました。

「自粛を自粛」と聞くと、少し違和感も覚えますが、
現状に適った言い回しなのかなと考えています。

少し前に、桜並木の下を通ると
例年通り、お花見をしているグループが
ちらほらと見受けられました。

楽しそうに桜を、お酒を嗜む様子を見て
私も元気をもらえた気がします。

20110419ko.jpg







































写真は、北本市にあります「石戸蒲桜」です。
国から天然記念物にも指定されているそうです。
先日お打ち合わせさせていただいたお客様に
場所を教えてもらい、見学しました。とても大きく圧巻です。

最近では、大分弱ってしまっているらしく
肥料、薬を使用しているそうですが、
地域の心の拠り所として少しでも長く
生き延びて欲しいなと思いました。

定期点検12


こんにちは、ホームアドバイザーの小幡です。

今回は定期点検のお話しです。

今週は木・金と2日続けて定期点検に行きました。

木曜日に伺ったお宅は5年点検でした。

お話しを聞くと3月の地震があった日は事務所にいたそうです。

知人のお宅は50インチ以上のテレビが倒れて壊れてしまったので心配して帰ってくると何一つ被害が無く安心したとのことです。

金曜日に伺ったお宅は10年点検です。

点検自体も問題ありませんでしたが感心したのがオーナー様が小まめにメンテナンスされていることです。

ウッドデッキやバルコニーなど外部に使用している木部は頻繁に塗装しているそうです。

一番心に残った言葉が、「自分の家を手入れするのが楽しい。」ということです。

森の家は完成した時が一番ではありません。

お住まいになりながら愛着を持っていける家づくりを目指しています。

DSCF6576.JPG

5年点検で伺ったお宅は「ステップフロア」の森の家です。

一年中素足で過ごせることがとても気に入っているとお話しいただきました。

wood11.04.15.jpg 

10年点検で伺ったお宅のバルコニーです。

今まで私が10年点検で伺ったお宅の中で一番良くメンテナンスされていました。

「塗料を塗るのが楽しい」と言うこと。

メンテナンスも楽しみながら行なえると愛着が持てると思います。

森の家の展示場を販売しています。


こんにちわ!ホームアドバイザーの井野口です。

暖かくなってきましたね。今年はまだ桜も咲いています。

桜が咲く今日、同僚の歓送迎会があります。

新しく加わる仲間、新天地で活躍する仲間、人それぞれ歩む道が違います。

特に新天地に向かう仲間には感慨深いものがありますが、同じ時を過ごした思い出は消えません。

前置きが長くなりましたが、森の家は注文住宅です。 

しかし、展示場として使っていた物件が数件あります。

一つはヴィラコートという分譲地です。この分譲地の中に2棟ほど展示場として使っていた物件があります。土地付きの南欧をイメージした家となっています。

最近は北欧をイメージした森の家に加えて、南欧風の森の家も非常に人気があります。

素焼きの瓦に白い塗り壁は、本物の素材だけが持つ独特の雰囲気があります。

販売物件はこちらから

もう一つはサニータウンと言う分譲地内にある「郷庵」(さとり)という物件です。

こちらは和風テイストの森の家となっています。

終の棲家と呼ばれることもある「郷庵」は、お子様が巣立たれた後のご夫婦が暮らされる事を想定して開発されました。

間取りは広々とした空間が特徴の平屋に見える2階建てのおうちです。 DSCF3052.JPG

家をお探しの方、一度ごゆっくり御内覧ください。 

連絡先は048-527-8181(北欧展示場)となっております。

完成現場見学会にて


こんにちわ! ホームアドバイザーの井野口です。

9日10日の2日間に渡り、完成見学会を開催致しました。

P1010955.JPGたくさんの方に、ご来場いただきましてありがとうございました。

お話の中で皆さん関心を持っていらっしゃる事は、エネルギーに関してでした。

今までオール電化で考えていらっしゃった方も色々と考える事が多いとおっしゃっていましたが、これから家を建てようと考えていらっしゃる方は皆さんそのようにお考えなのではないかと思います。

電気、ガス、石油、薪に加えて自然のエネルギー等があります。

P1010930.JPGこれは目的に合わせて考えた上で、全体のバランスを取らなければならないと思いますので非常に複雑な計算をしなければなりません。

安定的に供給されることが出来るか、エネルギー消費の多い暖房をどのように考えるか、家電や照明や冷房等には電気が必要。 コンロは電気を使うかガスを使うか?

エネルギー消費に加えて、個別のランニングコスト、更にはイニシャルコストまで考えなければなりません。

森の家の大和屋としましては様々なご相談に対応出来るように、努めて参ります。

P1010920.JPG皆さまとお話させて頂きはっきりとしている事は、生活において不便や我慢をせずに、エネルギー消費の少ない家を建てるという事です。

これは森の家が出来た当初からの重要なコンセプトの一つですがまだまだチャレンジ出来る部分があると思います。

次回の完成見学会は5月末に行田市にて開催予定です。

P1010936.JPG 

完成現場見学会


こんにちわ! 井野口です。

今日と明日、完成現場見学会を行なっております。

見学会のご案内はこちらから

明日も会場でお待ちしております。R0013069.JPG R0013069.JPG

和室.JPG

表紙.JPG

R0013146.JPG 外観.JPG