おもしろツール②


こんにちは。

 

現場監督の小山内です。

 

 

今日は先日の小林のブログ『おもしろツール』にあやかり、

私も『おもしろツール』を紹介しようと思います。

 

私が紹介するのは、レーザー光線で物体までの距離が測れる

測定器です。

 

DSCN1683.jpg

電源をONにし、距離のボタンを押すとレーザー光線が放たれます。

 

DSCN1682.jpg

測りたいものにレーザー光線を当て、測定のボタンを押すと、

モニターに測定器から物体までの距離が表示されます。

 

この測定器の良いところは、物差しやメジャーでは測れない場所や、

それ以上の距離がある場合でも距離が測れる事です。

 

私は敷地調査や現地調査等で、

ある地点から建物の位置を測る時に使用します。

 

凹凸のある敷地や茂みの多い敷地であっても距離が測れますので、

大変重宝しています。

 

現場では普段目にする事ができないような機器類を

多く使用していますので、今後ブログで紹介していこうと思います。

「新聞紙上で・・・」


こんにちはホームアドバイザーの川田です。

この所新聞紙上で、子供への虐待の記事が

後を絶ちません。

 

新聞紙上やTV報道で見たり聞いたりする事実は

目や耳を覆いたくなるような物ばかりです。

 

一方自分の親の所在を把握していなく

何処で暮らしているかわからない。

家の中の部屋で、亡くなって数年たっても

放置している。そんな記事も最近ありました。

 

豊かになって久しいと言われていますが

昔まずしかった時、肩寄せ合って

仲良く必死に暮した同じ国民とは

とても信じがたい現実が、そこにあります。

 

帰っても一度も顔を合わさずに

自分の部屋に行ってしまう。

一日中一度も顔を合わせる事が無い

家族ばらばらの家の構造。

すべてとは言えませんが、どうも

家の造りや間取りにも問題がある気がします。

 

家族の気配が感じられる空間。

顔を見なくては自分の部屋に行けない間取り。

小さな時から、お母さんと一緒に勉強できるリビング。

こんな家造りが、

悲しいニュースを聞かなくて済む事に

お役に立つと、私たちは考えます。

DSC_0260.JPG