安全協力会に行ってきました


こんにちは、設計の小林です。
先日、協力業者さんの会「大和屋住宅部労働安全衛生協力会」の総会に行ってきました。

数年に一度は、温泉などで泊まりで行っていますが、今回、伊香保温泉に行ってきました。
うっかりカメラを忘れてしまった私は、写真が撮れませんでした・・・。

総会では、昨年度の決算報告や今年度の予算案審議など、固い内容から、大和屋で行っているイベントのDVDを観て、個々の意見を出し合ったり、大変有意義な総会となりました。

森の家を建てている職人さんたちは、専門知識にも長けたプロフェッショナル集団です。

一棟一棟、心を込めて、一致団結してこれからも取り組んでまいります!

地鎮祭inヴィラコート


こんにちわ!ホームアドバイザーの井野口です。

昨日から天気があまり良くなく心配していました。
というのも今日はO様新築工事の地鎮祭だったからです。

雨に降られることもなく、無事に終える事ができました。

地鎮祭は施主様がこの土地でこれからずっと住んでいくために、この土地の神様に挨拶をするという意味と我々工事関係者が無事に工事を完了させる事をお祈り致します。

お祈りをしていただく神主様はいつもお願いしている「高城神社」の方です。

O様にとりましてはきっとこれが人生で最初で最後の地鎮祭となることとおもいます。

DSCF5596.JPG我々も無事に工事を終えるように土地の神様に誓いました。

その後O様と一緒にヴィラコートの方々へ工事の挨拶廻りをさせていただきました。

工事は6月から10月の期間で予定しております。

また一軒ヴィラコートの仲間が増える事になりました。

だんだんと南欧風の街並みが完成されてきています。

まだヴィラコートの分譲地内には空いている土地がございます。

土地をお探しの方は一度ご覧になってみてください。

「感動の言葉 7」


こんにちはホームアドバイザーの川田です。

今日の感動の言葉は

「結露が無いんですよー・・・」です。

 

この言葉は、私が顧客満足度調査に行った時に、聞いた言葉です。

お話によると、前に住んでいた家は、冬暖房すると窓が結露し

掃き出しや窓の下部分が、雑巾が絞れるほど

びっしょりと濡れてしまったそうです。

 

その他、家の外の音がとても気になり

神経質になってしまった。

こんなことも、おしゃっていました。

 

そんな時に「森の家展示場」を知り、結露はもちろん、

外の音も気にならない造りと出会ったとの事でした。

 

 早速前の家を処分し、新しく土地を求めて「森の家」を完成したとの話でした。

 

完成後冬の寒い日に

「結露がないー・・・」「外の音も気にならずに静かー・・・」を実感したそうです。

 

その他住んでみて、家中の温度差が無い

木がふんだんに使われているので、温かみがある。

夜トイレに起きなくなった。浴室も結露しない。

こんな事もおしゃっていました。

 

機能のある家だからこそ、この快適さが味わえるのだと思います。

熊谷市在住のS様のお話でした。

 DSC_8861.jpg

「色々なイベント」


 こんにちはホームアドバイザーの川田です。DSCF4786.JPG

 

この6カ月間に、数々のイベントを開催しましたが

たくさんのオーナー様や、これから家を考えている方が

沢山参加していただきました。

 

どのくらいのイベントをやったか、数えてみました。

なんと半年で24回行い、一か月に平均4回

イベントをこなした計算です。

 

ざっと挙げると、「クリスマスパーティー」 

「オーナー様へのお宅訪問」  「家具展示場案内」

「プロが教えるお手入れ教室」  「家具即売会」

「住まいの作り方教室」 「鉄道博物館・家具展示場・ホテル昼食ビュフェバスツアー」

「薪ストーブで焼き芋を作る会」 「風水セミナー」

「土地の選び方教室」 「住まいの実験室」・・・

 DSCF5034.JPG

複数行っている催しがありますので

合計24回ものイベントを行いました。

 

オーナー様には、いつまでもお付き合いを。

これからの方には、建築後も、

色々なイベント交流を通して「家守り」を

理解していただけたと思います。

 

 

今後もたくさんのイベントを行いますので、大勢の参加をお待ちしております。

 追伸

その他にも、フラを楽しむ会や、ママのスクラップブッキング教室等

北欧展示場にて定期的に行われております。

「冊子ができました。」


こんにちはホームアドバイザーの川田です。

森の家にしてよかった.jpg

この度感動の声を集めた

小冊子ができました。

なずけて

「森の家にしてよかった」

 

夏用の涼しい色と冬用の暖色の二通りで

ご希望の方に差し上げています。

 

オーナー様から寄せられた生の声が

たくさん寄せられています。

今までの紹介した感動の言葉も

掲載されております。

北欧展示場にお越しの際は

お気軽にお声掛けください。

住まいの実験室・・実験結果!!


こんにちわ!ホームアドバイザーの井野口です。

今日行われた「住まいの実験室」の結果です。

DSCF5554.JPGラジエントヒーターとIH どちらが早くお湯が沸く?  出力を同じに設定するとIHでした。

ラジエントはお湯が沸いた後も余熱が残るため、続けて他の料理をする場合にはもっと早くなると思います。

ラジエントヒーターで水(PH6.8)を沸騰させるとアルカリ性に変わる?

ラジエントとIH共に弱アルカリ性に変わりました

 

ラジエントやIHで電磁波は出てる? 

 コンパスを近づけてスイッチをオンさせるとIHだけ針が大きく振れました。実験方法に?な所があるためもう一度方法を検討します。

ラジエントヒーターとIHで料理を作ると味に差はある?

行田名物となっているゼリーフライを作ってみたところ、どちらもおいしい、ラジエントで作った方がおいしい。意見は様々でした。

 

消臭機能付きクロスと漆喰消臭効果が高いのは?

密閉型容器にクロスと漆喰別々に入れ、それぞれにアンモニアの臭気を5CCづつ入れ10分後に

確認しました。 クロスの方はほぼ無臭 漆喰の方は若干匂いが残りました。

 

カビ実験はクロスと漆喰、それとレッドパインをそれぞれ密閉容器にいれ、食パンを1週間放置しました。 クロスの食パンにはカビが生えました。 漆喰の食パンには多くのカビが生えました。 レッドパインの食パンは全くカビが生えていない状態でした。この実験でも漆喰がまだ乾いていない状態だったのではないかとの疑問が残りましたので再度検証してみようと思います。

最後に漆喰をお客様に塗っていただきました。 結果はほとんどの方が面白かった。とのことでした。

今日参加していただいたお客様ありがとうございました。今後もお客様の疑問を実験してみたいと考えておりますのでお住まいの疑問がありましたらコメントを入れてみてください。

お客様の疑問が集まりましたら、第二回住まいの実験室を開催させていただきます。 DSCF5552.JPG

 

住まいの実験室


こんにちわ!ホームアドバイザーの井野口です。

明日は森の家北欧展示場で「住まいの実験室」を13:30より行います。

今回はIHクッキングヒーターとラジエントヒーターの違いと機能性壁紙と漆喰の効果の実験をしてみます。

今までの予行で行った実験からは面白い結果が出ています。

是非、展示場でご確認ください。

家のたたずまい


こんにちわ!ホームアドバイザーの井野口です。

建物を建てる時に本体工事と付帯工事というものがあります。

建てる会社によってその内容の区分けは若干違いがありますが、付帯工事には、地盤改良費、土地造成工事、給排水設備工事、解体工事、電気設備工事などなのではないかと思います。

建物が建つ土地により付帯工事にかかる金額は大きく変わってきます。

費用がかからないで済む事が良いとは思いますが、それは建てらてる方によってその土地や家のたたずまいに思い入れもあると思いますので、一概には言えません。

これから土地を選ばれる方で付帯工事費用を抑えるようにするには、地盤の強さ(実際には調査しないとわかりませんが)、水道の状況、本下水の区域か浄化槽の区域か、高台か平地か等がポイントになってきます。これと土地の価格のバランスを考えて購入されると良いと思います。

建てる会社を既にお決めの方は、その会社の人に相談してから土地の購入を決められた方がよいでしょう。

私も家を建てたときには、付帯工事に思いがけず費用がかかったことを覚えています。

購入した土地が高台だったため擁壁を作る必要がありました。

でも今となってはその擁壁も気に入っている部分になっています。

家のたたずまいはその土地の形状からも変わってきます。

今、ヴィラコートで新築中ですが、擁壁の型枠が外れた所です。

表面がピカピカの打ちっぱなしのコンクリートはそれだけで存在感を示してくれています。

そこに建つことになる森の家もお客様に気にいっていただけるたたずまいになる。と思います。IMG_0151.JPG

塗り壁の力


こんにちは、ホームアドバイザーの小幡です。

5月に入り暖かくなってきましたが、湿気が多い季節になってきました。

先日、お客様をご案内した時の話ですが、2棟の建物をご案内いたしました。

2棟目をご案内しました所、お客様から「さっきの家のほうが涼しい」との声が上がりました。

2棟は仕様もほぼ同じ建物なのですが、建物の内部の仕上げに違いがありました。

1つはクロスの仕上げですが、もう1つは壁を珪藻土(けいそうど)という塗り壁の仕様にしてありました。

普段はあまり気づかないのですが、湿気の多い日に比べてみると違いがよくわかったのです。

現在の住宅の主流といえば外壁はサイディング、内壁はクロスですが、近年は塗り壁が改めて注目されています。

導入コストはやや高価ですが、見た目の高級感や調湿効果などの機能がある他、メンテナンスの心配が少ないことなど多くの優れた点があります。

良いものを長く大切に」という森の家の考えとも合いますので、これからはどんどん提案していければと思います。

DSCF5147.JPG

23日(日)には北欧展示場で「漆喰塗り体験」を行ないます!

自分で塗った漆喰を記念にお持ち帰りできますので、興味のある方はお気軽にお越しください。

イベント情報はコチラから!

ゼリーフライ


こんにちは、ホームアドバイザーの小幡です。

今日は23日(日)に行ないます「住まいの実験室」の準備をしていました。

その中で、来週作るゼリーフライの試食をしました。

そもそも「ゼリーフライ」って何だかご存知でしょうか?

ゼリーフライは熊谷市のお隣の行田市の名物です。

「ゼリー」といってもお菓子のゼリーが入っているのではなく、「おから」と「ジャガイモ」が入ったコロッケの様なものです。

ただ、コロッケと違い衣がついていませんが。

「ゼリーフライ」の名前の由来は、形が小判型であることから「銭フライ」と呼ばれていて、その後「銭」がなまって「ゼリーフライ」と呼ばれるようになったそうです。

DSCF5525.JPG

試食用に作ったゼリーフライです。

森の家スタッフと、たまたま来場いただいたお客様とで試食しましたが、皆「美味しい」と評判でした。

行田市内にはゼリーフライの専門店が20店以上あります。

23日は試食の他、レシピやMAPもお渡しする予定ですので、興味のある方は是非ご来場ください。

イベント情報はコチラから!