ドイツその3


こんにちは。設計担当の小林です。

今回もドイツについてです。。。

image.jpg

ミュンヘンにある「新市庁舎」です。

前回の某有名ブランドの赤いオブジェを通り過ぎると見えてきます。ミュンヘンはもとよりドイツをを代表する新ゴシック建築の集大成とでも言いましょうか。

写真で見ても分かるのですが、とても精巧な彫刻が施され、その大きさ、存在感に圧倒されます。

上方にはからくり時計が設置されており、5月から10月までは、11時、12時、17時、21時に、その他の時期は11時になると、「グロッケンシュピール」のメロディーに合わせ、からくり時計が動き出します。ロレーヌの騎士とバイエルンの貴族の戦いです。心の中で「どっちもがんばれー」などと叫んでいたのは私だけではないはずです。

 

ミュンヘンには数回訪れていますが、歴史的建物が多く毎回仕事以外でも十分勉強になるところなんです。

工場見学


こんにちは、ホームアドバイザーの小幡です。

今週、「森の家」の柱や梁(はり)を加工している「プレカット工場」を見学させていただきました。

昔は建築現場で大工さんが木材を一つ一つ加工していましたが、あらかじめ工場の機械で長さの調節や接合部の加工などを施すのが「プレカット」です。

現場で材料の余りが出ない他、「工期の短縮」や「加工技術の均一化」など多くのメリットがあります。

私も初めて「プレカット工場」を見学しましたが、その加工技術の正確さにとても驚きました。

「森の家 を建てたい!」というお客様に少しでも安心してもらうために、今後は工場見学なども行なっていきたいと感じた一日でした。

KC380047.JPG

情報はポストから


こんにちは。

現場監督の小山内(おさない)です。

皆様はこのポストをどこかで見た事がありますか?

DSCF4779.JPGのサムネール画像のサムネール画像

  

中を開けてみると…

DSCF4780.JPGのサムネール画像

  

『森の家』の最新情報が入っているのです!!

どんな情報かは開けてからのお楽しみ。

このポストは、現在工事中の現場に立てられています。

通りがかりにこのポストを発見した時には、

是非一部お持ち帰りください。

工事中の現場も見れますので、一石二鳥ですよ。

桜満開


こんにちは、ホームアドバイザーの小幡です。

桜も満開になり、お花見の季節になってきました。

熊谷市久下にあります「ヴィラコートゆうきゅう」では、近くの公園で桜が満開です!

また、土手をあがると菜の花が一面に咲いていて、とてもイイ気持ちです。

熊谷市では熊谷桜堤が有名ですが、穴場スポットとしてオススメです。

熊谷駅からもそれほど遠くありませんので、ご興味がある方はこの季節に一度いらっしゃってください。

DSCN6873.JPGのサムネール画像

 

DSCF2408.jpgのサムネール画像