大工道具 豆知識③


穏やかに年も明け、星も凍るような寒い夜が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?    今年も大工道具についての豆知識を話していきたいと思います。

大工道具の3種の神器ですが、①曲尺②墨壷ときましていよいよ③つ目ですが、現在の大工さんはほとんどのかたが使用していないので、拝見することは難しいかもしれません。。。

その道具とは”釿{ちょうな(ちょんな)}”です。大工道具の化石と言われるほど古くからある道具です。 切り出した木材の表面を削ったり、整えたりする道具です。鉋(かんな)の先祖のようなもので、丸太から角材を作ったり、柱と柱の接合部の凸と凹(別名:「ほぞ」と「ほぞ穴」)を削りだしたりする釿がけは、大工さんの技量がものを言う伝統的な技法です。

ちなみに、古い建物の年代を割り出す際、梁の”ちょうな仕上げ”を見て、その削った痕から、技術や流行を見て判断するということもあるそうです。

次回から大工の七つ道具についての豆知識を話していきます。

ちょうな ちょんな.jpg

薪ストーブ2


ホームアドバイザーの小幡です。

昨年にも薪ストーブの話をいたしましたが、今年に入って寒さが増してきたために展示場の薪ストーブが大活躍です。

お客様も寒い外から入ってくるので、展示場の中に入ると暖かい薪ストーブは大好評です。

今回は薪ストーブの用具についてのお話です。

KC380034.JPG

写真の薪ストーブ手前に2つの道具がありますが、まず左側が「火掻き棒」です。

「火掻き棒」はストーブの中で薪の位置を変えたり灰を寄せたりするのに使います。使いやすいように棒の先が曲がっています。

そして右側が「火ばさみ」です。バーベキューなどでもおなじみの道具で、薪を入れたりストーブの中で動かしたりするのに使います。

短いと持つ部分が熱くなってしまうため、長めの火ばさみがオススメです。

 

これらの道具を使用して、薪が燃え残らないようにキレイに燃やすのも薪ストーブの楽しみです。 

北の国から②


DSCF4130.JPG

正月休みは弘前で過ごした私ですが、

年末は両親と盛岡市にあります『つなぎ温泉』の旅館に一泊して年を越しました。

旅館に向かう途中、高速でちょっとした渋滞にはまりました。

渋滞の原因は…除雪車です。

『除雪作業中』の明かりを灯し、追越禁止になっていたのです。

除雪作業中と言われても、道路に雪はないのに……

東北の高速ではたまに見かける冬ならではの光景です。DSCF4152.JPG

他にもあります。右の画像を見て下さい。

……『追越車線』はどこですか?

なんと!雪で道路の線が完全に消えてしまったのです。

どこを走っていいか分からない…これも冬の醍醐味みたいなものでしょうか。

色々ありつつも無事旅館で一泊し、帰り道高速を走るとまた渋滞にはまりました。

原因は…もうおわかりですね。北国でのとんだ珍道中でした。

北の国から①


明けましておめでとうございます。DSCF4115.JPGのサムネール画像

ホームエンジニアの小山内豪です。

皆様は年末年始どのように過ごされましたか?

青森県弘前市出身の私は、正月休み地元に帰りました。

行きは浜松町から夜10時の夜行バスに乗り、

次の日の朝7時に弘前に着きました。

弘前は熊谷と違って辺り一面雪景色でした。

私の実家(写真の水色の家)の周りも雪で真白。

でもこの景色を見ると何故だかホッとするんですよね。DSCF4117.JPGのサムネール画像

 

両親も地元の友達も年末年始は休みだったので、

飲んで遊んでと楽しい時を過ごす事が出来ました。

 

やっぱり地元っていいですね。

『好きです!青森県』

※青森県民の誰もが知っている有名なフレーズです。

初詣


あけましておめでとうございます。ホームアドバイザーの小幡です。

年末年始のお休みも終わり、今日から展示場もOPEN再開です。

皆さんは年末年始は何処かにお出かけしましたか?

私は実家でのんびり過ごしていました。

元旦は毎年行っています神社に初詣に行ってきました。

その神社は高台の上にあるので、境内から見下ろすととても良い景色が見渡せます。

KC380031.JPGのサムネール画像

気持ちも新たに頑張ろうと思いました。

今年も「森の家」をよろしくお願いいたします。