森の家とは

ホーム > 森の家とは

「森の家」を目にしたお客様からは「こんな家、見たことがない」と驚かれることがよくあります。玄関を入りリビングのドアを開けると目の前に広がる大空間。心地よい安らぎを感じる、漆喰と無垢の木でしつらえた室内。大和屋の木造住宅「森の家」は、住まう家族の安全や健康、家族のつながりを大切にし、そのために家に与えられた役割を、190年の歴史を刻む大和屋だからこそ実現できる家づくりとして、お客様と一緒に考え形にしていきます。「家族」や「健康」を主題とした森の家の魅力を感じてください。

木造住宅の魅力をもう一度考える

鉄筋コンクリート造が主流となっているビルや店舗と対照的に、住宅は木造、それも無垢の木をふんだんに使用した住宅が見直されてきています。「健康への影響」「耐震性」「家の寿命」「自由度」において、しっかりと設計された木造住宅は優れた能力を発揮します。

190年間、木に携わってきた木材商

190年間「木」に携わってきた大和屋の技術力、経験、ネットワークを生かし、住まいづくりに取り組んでおります。人と地球の健康に配慮した技術をご覧ください。

大和屋がおくる自信作「森の家」

世界中の木に触れ、木造住宅を研究し続けてきた大和屋が自信をもってお届けする「森の家」です。次世代省エネ基準を上回る社内基準で実現する木造住宅をご確認ください。

世界最高レベルの断熱設計「パッシブハウス」

本当の住まい心地とは何でしょうか?人は家に住んでいるだけで知らず知らずのうちにストレスを受けていることがあります。パッシブハウスは断熱性能が高いことが特徴です。断熱性能を高くすると室内の空気温度と壁や床や窓といった表面温度が一定に近くなり、ストレス軽減につながります。冷暖房設備のわずかな稼働で今までに感じたことのない快適な室内環境を得ることが出来ます。

「森の家」×「自由設計」

住まわれる方のご要望、住まわれる場所や方位を考慮して、設計をおこなっております。仕様、外観、内装をあらかじめご用意したカテゴリーからお選びいただくこともできます。こだわりを実現し、家族全員が幸せになる家づくりのご参考にご覧ください。

大和屋の作品集を見てみる