高気密・高断熱住宅に住むことによる健康へのメリット~快適な住まいで健康長寿を~

ホーム > 高気密・高断熱住宅に住むことによる健康へのメリット~快適な住まいで健康長寿を~

ヒートショック 断熱 健康

文章;黒田 房邦(日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医)


私は暑いのには強いが寒いのは苦手です、東北地方にいた時に建てた家は北海道の住宅会社の寒冷地仕様の家で20数年住んでいました。2~3年前に東京近郊のマンションに移って来ました、冬はアルミサッシの窓から来る冷気で却って寒い感じがします。
それまで暖かい家に住んでいた感覚として高気密・高断熱の家いわゆる高性能住宅に住むと快適な生活が送れ、身体にもいいという感じがします。ヒートショックがよく話題になりますが、それ以外にもメリットがあるのではないかと思い身体の何に対しどれくらいいいのかということを調べてみることにしました。
しかし、前に住んでいた家と比べて実際にどの位身体によいかという事を調べることはなかなか難しいことです。
そこで、今回は断熱改修を行った戸建ての住宅に住む高齢者の調査結果の報告及び高断熱住宅に転居した人に対する調査から、高機能住宅に住むことによる健康へのメリットを検討してみました。
断熱改修を行った家よりも、新築であればより高機能な住宅でさらに健康な生活を送ることが出来るでしょう。
少しでも、皆さんが健康で活発な生活が出来ればいいと思っています。



Ⅰ.  まず初めに、東京都健康長寿医療センターからの報告(平成25年12月2日)
   冬場の住居内の温度管理と健康について
   ②居室の断熱改修による睡眠、アレルギー症状、血圧の安定化等の可能性から


《調査の要約》

1. 東京と埼玉で築 20 年以上の戸建て住宅に住む高齢者 18 人(59~85 歳)の協力のもと、内窓の設置のほか、壁や床への断熱材取り付け、及び、床暖房の設置 等の断熱改修を実施。この改修前後で、室温や協力者の血圧測定、健康に関連するヒアリングなどを行い、2011年から約1年間をかけてデータをまとめた結果、
a.居室の断熱改修は、睡眠やアレルギー症状に良い影響を与える居室の断ことが分かった。


1 アレルギー症状、睡眠の質評価尺度の変化

b. 断熱改修後に、血圧の安定化を示唆する変化も見られた。

2.2010 年度に実施した高齢者 43 人(77~86 歳)に対する血圧と室温の 24 時間測定によると、部屋全体が暖まっている「適温」での生 活が、血圧の上昇を抑え、安定化に効果的であることが分かり、
居室の断熱改修は、血圧の低下や安定化に有用である可能性を示唆された。



 日中の脈圧
出典:東京都健康長寿医療センター研究所



3.2008 年度に実施した高齢者に対する 冬場の暖房方式、室温、活動量の 1 週間計測によると、暖房方式と居室の室温、活動量には関係が あり、こたつやホットカーペットのみを使用している高齢者13人と部屋全体を暖房している高齢者30人の比較では、
部屋全体が暖まっている「適温」で生活をしている高齢者は、活動量が高いという結果が得られている。


3 暖房方式と住居内の活動量
暖房実態調査2008年(n=42)


4.2007 年度に実施した、高齢者住宅の暖房状況と生活習慣・運動機能等の調査において、暖房状 況と筋力やバランス能力にも関係があり、居間全体を暖房している高齢者は、筋力のレベルが高いこと等が明らかになり。握力:全体暖房のみ237人・部分暖房のみ209人、膝進展力:全体暖房のみ214人・部分暖房のみ191人の比較では、
居室全体を暖房し室温が高いと筋力が高いことが示された。



高齢者健康診断
高齢者健康診断2007年(n=832)




II.  スマートウェルネスの狙い~健康・省エネ住宅のススメ~
近畿大学建築学部 岩前 篤 先生の日本建築材料協会建材情報交流会での報告から



5 スマートウェルネスの狙い

高断熱住宅の健康影響度調査の結果。
概要:
02~08年に転居した人約24,000人を調査、対象年代としては30代、40代が多い。

6 年齢

新しい住まいの断熱性の内訳は
G3(断熱等級3)新省エネ基準;18%
G4(断熱等級4)次世代省エネ基準;49%
G5(温暖地で北海道仕様の断熱性能);33%

7  新しい住まいの断熱性
*Q値は熱損失係数:値が小さい程断熱性能が高い


1. 断熱のグレードが高くなると健康状態は全体として改善、手足の冷えは著明に改善。 また、気管支喘息・せき・のどの痛みなどの呼吸器系・咽頭の症状、肌のかゆみ・目のかゆみ・アレルギー性結膜炎・アレルギー性鼻炎などのアレルギー症状が改善する。

8 断熱グレードと改善率

1.断熱が健康改善率に対して寄与する割合は気管支喘息、アトピー性皮膚炎、手足の冷え、アレルギー性鼻炎などで高い。
せきは喫煙の寄与する割合が高く、のどの痛みでは飲酒・喫煙が寄与する割合が多い。


9 健康改善率に対する各因子の寄与割合  

2.高断熱になるほど、トイレの自然室温が高くなる

10-1 トイレの室温上昇  

3.手足の冷え、関節炎、アトピー性皮膚炎、せきで症状の改善率の増加の程度が高く、
その中でもG4➡ G5 へ転居した人の方が改善率は高かった。


11 改善率の増加程度

4.断熱改修によるコスト効果は、断熱費用を凌ぐ可能性がある
ニュージーランドの研究例では、断熱改修をした世帯では健康状態の改善がみられ、
特に呼吸器不全、風邪・流感は著明に減少した。
子供の学校の欠席回数が、断熱した世帯では半分になった。
呼吸器不全による通院は半分に減った。
コスト効果の試算では、断熱改修による効果は断熱費用の約2倍になった。

12 NZ 研究例

5.外国では過度な寒さに対するリスクに対して、室温に関する規程がある。

6.住宅断熱化の効果は省エネ、快適性だけでなく、健康に対する効果は非常に大きい。

13  高断熱の健康効果

7.結果として、暮らしが「おっくうでなくなる」

14 改修前後のまとめ

「高断熱・高気密住宅に住むことによる健康へのメリット」の相互関係を図にしてみました。

15 健康へのメリット図

高断熱・高気密の高性能住宅では、良眠出来るようになり、血圧が安定しヒートショックが予防される。
手足の冷え、関節痛などが無くなり、身体を動かすのがおっくうでなくなるため、室内での活動が活発になり筋力が維持される。
また喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が改善する。
呼吸器不全、風邪・流感が少なくなる。
などの省エネ・快適性だけでない健康上のメリットが多くあり、これらのメリットは相互に関係し合い良い循環を生んでいるものと考えられる。

ヒートショック対策としての高気密・高断熱の家造りというだけでなく、健康生活を送るための家造りをしましょう!