プランニング

ホーム > はじめての家づくり > はじめての家づくりで知っておきたい4つのポイント > プランニング

  • 資金計画
  • 業者選び
  • プランニング
  • 家づくりの基礎知識

プランニング

家づくりのプランはどうやって立てていくの?

1.我が家のプランを作る

①生涯設計を描く
家族がこれから必ず迎えることになるイベントを、一年ごとに書き出してみましょう。
②資金計画を考える
毎年いくら住宅資金として貯蓄できるか目安を出します。今まとまった資金がない場合は、少なくとも資金作りに3年かけてみましょう。360~450万円ほど、頭金として持っていると安心です。
③家のことを勉強する
満足する家づくりのためには、家に関する知識は絶対に必要です。家の工法や種類、間取りの基礎など、ご家族で楽しく学びましょう。展示場へ行くなど、イメージづくりも大切です。

2.家づくりスタート!

①敷地調査
家づくりはまず敷地の確保から。土地が決まりましたら、通風、採光、水はけ、給排水、電気、ガスなどの状況を確かめます。
②設計への要望を伝える
全体の予算、家族構成、希望坪数や間取り、理想の暮らし方、将来の予定など、具体的なご要望を設計者にたくさん伝えます。
③ゾーンニング
ご要望が出たら、敷地全体のレイアウトを検討します。建物の位置、玄関までのアプローチ、門や塀、庭、駐車場などを割りつけていきます。
家づくりの流れはこちら